Menu
EN
HOME
新型コロナウイルス感染症対策について
HOME > スケジュール > 3331 GALLERY #045 3331 ART FAIR recommended artists 盛圭太 個展「⏦」

3331 GALLERY #045 3331 ART FAIR recommended artists 盛圭太 個展「⏦」

3331 GALLERY #045 3331 ART FAIR recommended artists 盛圭太 個展「⏦」
日程
2022.12.22(木)~2023.1.22(日)
備考
①公開制作 2022月12月22日(木) 17:00 – 17:30 展示室内の壁面にアーティストの盛圭太が糸によるドローイングを行います。②トークセッション 2022月12月22日(木) 18:00 – 19:00 盛圭太×慶野結香によるトークセッション ※無料/要予約
時間
11:00-19:00
備考
※1/4(水)は13:00開場、最終日1/22(日)は18:00まで
休み
※12/29(木)~1/3(火)は休館
料金
無料
会場
1F 3331 Gallery

3331 ART FAIR レコメンドアーティストの特別企画として、パリを拠点に国際的な活動を展開する盛圭太の個展「⏦」を開催します。

紙や壁面に糸をグルーガンで張りながら即興で描かれる盛圭太のドローイングには、2種類の線が存在します。ひとつは、真っすぐに張られた直線、もう一方は、重力に委ねた弛んだ曲線。そこには制作過程の中で糸が絡まったり切れたりして起こった小さなエラーを含みながら、緻密で秩序だった建築物や宇宙空間のようなイメージが立ち上がるとともに、効率的にシステム化された現代社会の構造が内包するフラジリティを浮かび上がらせていきます。ある時は、身体の細胞を彷彿させるような有機性をもち、またある時はリズムを刻む音楽的な譜面のようでもあり、さまざまな次元へと線を拡張させながら、あらゆるシステムを脱構築し、その先にあるものへと想像を膨らませてくれます。それは、作家自身も言及するように、未来の痕跡を掘り起こす考古学者のようであるともいえるかもしれません。

本展では、代表作のドローイングシリーズ《Bug report》のほか、その創作の原点となる映像作品も展示する予定です。また展覧会の初日には、作家による公開制作やトークイベントを実施いたします。この貴重な機会にぜひご高覧ください。

特別協力:rin art association 


-------------------------------------------------------------------------------------
アーティストステートメント
-------------------------------------------------------------------------------------
ドローイングという表現領域を拡張すべく、紙や壁の上に糸をグルーガンで張る独自の手法でシリーズ:Bug reportを制作してきた。イメージを成す2種類の線:糸の張った『直線』と緩んだ『曲線』は、比喩的にシステムの構成要素を司る。一連のシリーズを通じて、線を付け加える度に集積する亀裂(バグ)をレポートすることで暫定的な現実の認識を試みてきた。
この場で、下書きなしに現地制作されるのは、構築と瓦解の様相をもつ"途上の光景"だ。この風景はあやとりを記録した作品に起源を持つ。壊れては造られ、宙吊りのフォームが連なるループ映像は、完成にいたることを回避するドローイングという行為そのものだ。
 
『線』の始まりを糸とする仮説を、3331 Arts Chiyodaで展開する。

ー盛圭太

005768_02.jpg

photo: Rokko Keizo Kioku

1981年 北海道生まれ、パリ在住
2004年 多摩美術大学彫刻科卒業

2021 「La Ronde」ルーアン美術館 / ルーアン、フランス
2020 「ドローイングの可能性」東京都現代美術館 / 東京
    「Bug report」rin art association / 高崎
2019 「社会を解剖する」高松市美術館 / 香川
2018 「DOMANI・明日展」国立新美術館 / 東京
2017 「Template」カトリーヌ・プットマン ギャラリー / パリ、フランス
2015 「Walk the line」ヴォルフスブルグ現代美術館 / ヴォルフスブルグ、ドイツ

1981年北海道生まれ。多摩美術大学卒業後渡仏し、パリ在住。文化庁新進芸術家海外研修員としてパリ国立美術学校に在籍。その後パリ第VIII大学大学院美術研究科修了。線の始まりを糸とする仮説からドローイングシリーズを制作。2017年フランス初のコンテポラリードローイングに特化したアートセンター、ドローイング・ラボにて、施設のこけら落しとなる個展「Strings」を行う。同年、Matsutani Prizeの受賞。近年の主な展覧会に、ヴォルフスブルク現代美術館、ヴォルフスブルク; 国立新美術館、東京; 東京都現代美術館、東京; など国内外で発表。パリのカトリーヌ•プットマンギャラリー、高崎のrin art associationに所属。作品はマルセイユ現代美術センター、アキテーヌ現代美術センターをはじめ、プライベート、パブリックコレクションに所蔵。
https://keitamori.com

-------------------------------------------------------------------------------------
推薦コメント
-------------------------------------------------------------------------------------
糸が先か、線が先か―ともかく人間は、自然のなかに糸なるものを見出した。しかしこれは、そのままでは使いにくいものばかりだった。いつ誰が気づいたか、細かな繊維のかたまりから、糸をとり出すことができるようになった。様々な場所で、糸を紡ぎ、織って利用するための道具が発明された。思えば近代の産業革命も、紡績技術の機械化からはじまった。

世界各地にある、あやとりの原風景を想像する―少し長い糸の切れ端が拾われる。はたまた子どものために、大人が糸を切断する。結ばれた糸は、ひとりかふたりの手のなかで次々とかたちが生成し、ある形態を留めることなく消えていく。そこからはリズムが生まれ、身の回りのものや、かたりともつながっていった。本当に同じかたちなどない。同じようなかたちでしかない。だから何度も何度も繰り返す。

盛圭太は、糸を用いた自身のドローイングをあやとりに喩える。即興で生み出される線は、システムを連想させるイメージをその場に結びながらも常にうごめいている。やがてこれらは、現代文明を伝承するものとなるだろう。

ー慶野結香(青森公立大学 国際芸術センター青森[ACAC]学芸員/キュレーター)

1989年生まれ、神奈川県出身。2014-16年秋田公立美術大学ビジュアルアーツ専攻・社会貢献センター(現・NPO法人アーツセンターあきた)助手として、大学主催展覧会および大学ギャラリーBIYONG POINTの企画・運営に携わる。地域の空き家を利活用しアーティスト・イン・レジデンスを行った企画に、岩井優「習慣のとりこ―踊り、食べ、排便する。/見つめ、再生、指しゃぶり」(2015-16年)など。2017-19年サモア国立博物館(Museum of Samoa)派遣を経て、2019年4月より現職。国際芸術センター青森では、地域のリサーチと滞在制作による展覧会の企画・制作や、レジデンスプログラムの再編(共同企画)など、施設の可能性をさらに引き出す取り組みを行う。ACACでの主な企画に、展覧会「いのちの裂け目―布が描き出す近代、青森から」(2020年)、SIDE CORE/EVERYDAY HOLIDAY SQUAD 個展「under pressure」(2021年4月24日〜6月27日)など。


-------------------------------------------------------------------------------------
関連イベント
-------------------------------------------------------------------------------------
①公開制作
アーティストの盛圭太が、展示室内の壁面に糸によるドローイングを行います。
日付:2022月12月22日(木) 17:00 - 17:30
会場:1F 3331 Gallery 展示室内

②盛圭太×慶野結香 トークセッション
本展開催にあたって、アーティストの盛圭太と、青森公立大学国際芸術センター青森の学芸員でキュレーターの慶野結香氏をお招きしたトークセッションを行います。

日付:2022月12月22日(木) 18:00 - 19:00
料金:無料 / 要予約
会場:1F 3331 Arts Chiyoda コミュニティスペース
定員:15名
予約方法:下記URL[Peatix予約フォーム]よりお申し込みください。
https://peatix.com/event/3421303
申込開始:11月16日(水)10:00
申込締切:12月21日(水)18:00
※新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、イベントの公開方法が変更となる場合もございます。



【主催・お問い合わせ】
アーツ千代田 3331(展覧会担当:吉田/広報担当:彦根)
TEL:03-6803-2441(代表)/FAX:03-6803-2442
EMAIL:info(at)3331.jp(代表)/pr(at)3331.jp(プレス)
*(at)を@に変えて送信してください。

当サイトには、入居している各団体が行う催事についての情報も掲載されています。
展覧会やイベントなどに関するお問い合わせは、各団体へお願い致します。

Menu
EN