Menu
EN
HOME
新型コロナウイルス感染症対策について
HOME > 地域(千代田区)の方へのご案内

地域(千代田区)の方へのご案内

千代田区在住の方

千代田区に在住の方を対象とした、各種割引・施設利用のご案内です。ぜひご活用ください。
*スポーツ開放(体育館)のみ、千代田区在勤・在学の方も対象となります。

体育館 スポーツ開放

2階にある体育館は、千代田区スポーツ開放の利用施設となっています(水・木曜日のみ)。中学生以上の千代田区在住・在勤・在学者の方ならどなたでもご利用いただけます。ご利用のお申込は千代田区で受付しておりますので、以下までお問い合わせください。

【スポーツ開放 お問い合わせ先】
千代田区 地域振興部 生涯学習・スポーツ課スポーツ振興係
TEL:03-5211-3627
千代田区ウェブサイト 詳細ページはこちら

スペース利用料 30% OFF

千代田区在住の方は、館内の各種クリエイティブスペースを、通常料金の30%OFFでご利用いただけます。展覧会の開催や商品展示会、催事、講演、マーケットなど各種イベントの会場から、会議室、社内研修でのご利用まで幅広く対応しています。個人利用も承っております。各スペースの特徴や料金など、詳しくはこちらよりお確かめください。(料金表に記載されているのは通常料金です)

展覧会 入場料割引

千代田区在住の方は、アーツ千代田 3331が主催する展覧会を無料または割引価格でご鑑賞いただけます。3331ウェブサイトの「展覧会・スケジュール一覧」の《3331 Presents》マークがついた展覧会が無料・割引対象になります。無料・割引設定について、展覧会の会期など詳細をお確かめの上、ご来場ください。

  • ご来場の際は、ご住所の記載がある身分証明証を必ずお持ちください。会場入口でご提示いただきます。
  • アーツ千代田 3331が主催する展覧会が開催されていない時期もございます。現在開催中・今後開催予定の展覧会をスケジュール一覧よりお確かめの上、ご来場ください。
  • 施設への入館は無料です。

アーツ千代田 3331 について

アーツ千代田 3331(読み方:あーつ ちよだ さんさんさんいち)は、旧千代田区立練成中学校を改修して2010年に開館した複合文化施設です。

千代田区文化芸術条例に基づき策定された「千代田区文化芸術プラン」の重点プロジェクトとして、地域に開かれた文化芸術活動の発信拠点を設けるにあたり、千代田区が公募で選定した運営団体が民設民営によって運営しています。(運営団体について

改修工事では、1階エントランスと練成公園をウッドデッキでつなぎ「地域に開かれたアートセンター」を建築でも体現しています。開放的な空間に整備されたかつての学び舎には、アートギャラリーやスタジオ、クリエイティブオフィスが集い、コミュニティスペースやおやこ休憩室など誰でも無料で利用できる各種フリースペースやカフェ、ショップも充実しています。(フロアガイドはこちら

区民のみなさまが日常的に文化芸術に触れられる‘アートの拠点’と‘地域の憩いの場’が共存する館内では、展覧会の鑑賞やイベント・ワークショップに参加する方だけでなく、お昼時には近隣にお勤めの方や小さいお子さま連れの方で賑わい、夕方には宿題をする子供たちの姿も見られます。

展覧会やトークイベント、ワークショップなどの開催に加えて、地域連携プロジェクトの実践や地域行事への参加も当館の重要な活動のひとつです。2010年の開館当初より、「明後日朝顔プロジェクト」を全国で展開する日比野克彦氏、おもちゃの交換プログラムを通して地域が抱える課題にアプローチする「かえっこ」を発案した藤浩志氏の両名は、地域とのつなぎ手の役割を担う「コミッションワーク・アーティスト」として地域と連携したアートプロジェクトや作品制作を実施しています。(詳しくはこちら)2013年からは、神田祭、山王祭の時期に合わせて地域の歴史や文化、その魅力を発信する特別企画展や講座を開催しています。(詳しくはこちら

また、神田祭、五軒町ファミリー会、千代田区民体育大会、福祉まつりや神田小川町雪だるまフェアといった地域行事、花壇の植栽や町会清掃、新春餅つき会などの地域活動にも地域の一員として積極的に取り組んでいます。

アーツ千代田 3331は、アーティストから子どもまであらゆる人たちの「表現したい」という想いに寄り添い、「活動」「場」「つながり」を生み、人の創造力・街の創造力を育むアートセンターとして、これからも地域に根ざした活動を続けていきます。

「3331」の由来はこちら

  • 千代田区文化芸術プラン重点プロジェクトの経緯について、詳しくは千代田区のウェブサイトにあるこちらのページからもご覧いただけます。
Menu
EN