Menu
EN
HOME
新型コロナウイルス感染症対策について
HOME > スケジュール > 浅野真一展 -白昼の幻燈-

浅野真一展 -白昼の幻燈-

浅野真一展 -白昼の幻燈-
日程
2022.5.27(金)~6.12(日)
時間
12:00-19:00
備考
最終日-17:00
休み
月曜日、火曜日、水曜日、木曜日
料金
無料
会場
207:ARTDYNE / Nii Fine Arts Tokyo

Nii Fine Arts Tokyoでは2022年5月27日(金)から6月12日(日)まで「浅野真一展 -白昼の幻燈-」を開催いたします。
浅野真一は1982年 兵庫県西宮市生まれ。2005年 京都造形芸術大学洋画コース卒業。07年 広島市立大学大学院油絵専攻修了。13年 第30回記念FUKUIサムホール美術展福井新聞社賞。同年 第三回リアリズム大賞展シード賞受賞。第一回ホキ美術館大賞展出品。17年 Kyoto Art for Tomorrow-京都府新鋭選抜展出品。
身近なものをモチーフに光の表現を追求する。京都を中心に個展・グループ展多数。
弊廊東京店での2度めの個展となる今回、油彩十数点を展示いたします。

【Artist statement】
「小さな谷川の底を写した二枚の青い幻燈です」
という書き出しで始まるのは、宮沢賢治の童話「やまなし」である。賢治の時代の幻燈機というと、ランタンの灯りでガラススライドの絵や写真が揺らめきながら投影される原始的なもので、人々はそれを見ながら物語や遠い世界のことを想像していたのだ。

私の絵は、目の前にある事物を見たままに描き写したものだ。
単純な制作であるが、私にはこれが一等面白い。
窓から差す光は太陽の運行に沿って刻々と変化する。それに照らされるアトリエも壁の色が変わり、モチーフの影が濃く、長く伸びていく。
それを見つめているうち、私の意識はやがて宇宙の成り立ちや、存在の神秘へと飛んでいく。
それはさながら、白昼の幻燈のようである。


浅野真一展 -白昼の幻燈- 開催概要

● 会期 2022年5月27日(金) - 6月12日(日) < 月~木曜日休廊 >
     12:00-19:00 (最終日-17:00)
● 会場 Nii Fine Arts Tokyo
     〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14
      3331 Arts Chiyoda 207
     東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分
     東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分

画像作品:「よだかの星」M10(53.0×33.3cm) パネルに綿布、石膏地、油彩 2022年

当サイトには、入居している各団体が行う催事についての情報も掲載されています。
展覧会やイベントなどに関するお問い合わせは、各団体へお願い致します。

Menu
EN