3331 Arts Chiyoda:アーツ千代田 3331:3331 ARTS CYD

スケジュール:SCHEDULE

HOME > スケジュール > 牛島光太郎 個展 「モノの居場所に言葉をおいたら、知らない場所までとんでいく」

牛島光太郎 個展 「モノの居場所に言葉をおいたら、知らない場所までとんでいく」

牛島光太郎 個展 「モノの居場所に言葉をおいたら、知らない場所までとんでいく」
日程:2019年10月19日(土)〜2019年11月10日(日)
備考:10月19日(土) 18:00〜20:00 ギャラリートーク&オープニングパーティー / 11月3日(日) 14:00〜14:30 ギャラリートーク
時間:11:00-20:00
備考:最終日のみ18:30まで
休み:会期中無休
料金:入場無料
会場:1F 3331 Gallery

3331 GALLERY ♯038 3331 ART FAIR recommended artists
牛島光太郎 個展
「モノの居場所に言葉をおいたら、知らない場所までとんでいく」

3331 ART FAIR 2019でレコメンドアーティストに選出された牛島光太郎による個展「モノの居場所に言葉をおいたら、知らない場所までとんでいく」を開催いたします。

牛島は、学生時代から道で拾い集めてきたモノや思い入れのあるモノを作品に用い、その多くに言葉を組み合わせて制作してきました。
いずれも繊細で、どこか親しみを覚える牛島の作品は、私たちの視点をたどり、記憶や想像力を優しく刺激することで、モノに宿るひとつひとつの物語を際限なく引き出していきます。それは、意味や機能から離れた、そのモノ自体の存在を見出す牛島の試みでもあり、現代社会に溢れかえる「モノ」と「言葉」に流されそうな私たちをそっと引き留め、再認識する機会を与えてくれます。

近年、牛島の作品は、モノに秘められた小さな歴史や物語を見いだす行為から一歩進み、手元に集められた多数のモノを「個人史」の集積と捉え、物質的に「保管」する試みへと向かっています。それは、しばらくのあいだ誰にも存在を認識されていなかったモノにアイデンティティを取り戻し、居場所を与える行為のようでもあります。そしてこの試みは、2017年に発表された《外側の形》や、2019年から制作をはじめた新シリーズ《匿名の家》を経て体現されようとしています。

本展では、牛島が道端で拾い集めてきた約800点の未知のモノを壁に散りばめる《みちのもの》をはじめ、拾ったモノや思い入れのあるモノと牛島自身が刺繍で紡ぎ出した文字(言葉)を組み合わせた《意図的な偶然》や、「モノ」と脈略のない「言葉」をつなげた《組み合わせの方法》、「保管」の体現の第一歩となる《外側の形》、そして最新シリーズの《匿名の家》を展示致します。
牛島のこれまでの歩みと新たな試みを目撃する貴重な機会となります。是非ともお見逃しなくご高覧ください。


004861_02.jpg
(左)《意図的な偶然》 2014年 京都芸術センター(京都)(c)Kyoto Art Center, photo by Tomas Svab
(右)《みちのもの》2011年 成安造形大学・スペースギャラリー(滋賀)



<展覧会に寄せて〜アーティストの言葉>
「モノ」と「言葉」を組み合わせた作品で構成する展覧会です。
「モノ」は、様々な地域の路上から拾い集めたモノや、個人的に思い入れのあるモノなどです。
「言葉」は、刺繍したり、シールにしたり、手書きで書いたりしています。
大学生の時、彫刻(石彫)を専攻して、いろいろなものをつくってはいたのですが、あまりうまくいきませんでした。同じ時期、小説を書いていたのですが、こちらも、うまくいきませんでした。
研究生を修了して、うまくいかなかった理由や、自分がつくったものや文章が、どのような状態で在るのがいいのかついて考え、試行錯誤しました。
この展覧会では、そのようにして制作した作品と新作を併せて展示します。

牛島 光太郎



<推薦者による寄稿>
2年前、牛島さんと歩いた。展覧会場の最寄駅からの30分くらい。直前に嵐のような大雨が降って道がぬかるんでいた。この日は会場内で彼とトークすることになっていた。でも、どうせなら、駅からスタートしちゃおうとなったのである。告知もしていたがこんな天気だし誰も集まらず、この「歩くトーク」に参加したのは関係者のみだった。ハタから見れば友達どうし数名が普通に「歩いた」だけに見えたと思う。でもそれでいいよという雰囲気が、牛島さんらしかった。人は少なかったが、親密さが生まれ、ゆっくり歩いた分、時間もいつもと違って流れた感じがした。特別なことは何もないが「何もない」ということはなかった。それも、牛島さんらしい気がした。いつもよりも空気が澄んでいた。嵐は彼が呼んだのかもしれない。

福永 信 (小説家)

≪推薦者プロフィール≫
福永 信 (小説家)

1972年生まれ。著書に『アクロバット前夜』『星座から見た地球』『一一一一一』など。2017年に牛島光太郎が参加したグループ展「アンキャッチャブル・ストーリー」(企画・武本彩子)でトークゲスト。駅から会場の瑞雲庵まで牛島と歩く「そぞろ歩き編」と会場内でトークする「瑞雲庵編(対談)」の2本だて。



<関連イベント>
●オープニングパーティー (参加無料)
日時:10月19日(土) 18:00〜20:00
個展の開催を記念してささやかなオープニングパーティを行います。
はじめに作家ご本人によるギャラリートークも行う予定ですので、ぜひお越しください。

●ギャラリートーク (参加無料)
日時:10月19日(土) 18:00〜 / 11月3日(日) 14:00〜14:30
作家ご本人より、今回の展覧会や作品について、鑑賞がさらに面白くなるようなみどころをお話いただきます。
作家との対話ができる貴重な機会ですので、ぜひご参加ください。



<作家プロフィール>

004861_03.jpg

牛島 光太郎 Koutarou Ushijima

2010年 「意図的な偶然」三菱地所アルティアム(福岡)
2014年 「イマジネーション・スーパーハイウェイ」京都芸術センター(京都)
2018年 「FOCUS」テヅカヤマギャラリー(大阪)
2018年 「六本木アートナイト2018」(東京)

作家HP:http://www.ushijimakoutarou.com


主催:アーツ千代田 3331

[お問い合わせ]
アーツ千代田 3331
〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14
TEL:03-6803-2441(代表) / FAX:03-6803-2442
E-MAIL:info@3331.jp / pr@3331.jp(プレス)
担当:西山、岩垂、森本

当サイトには、入居している各団体が行う催事についての情報も掲載されています。
展覧会やイベントなどに関するお問い合わせは、各団体へお願い致します。