スケジュール:SCHEDULE

HOME > スケジュール > パフォーマンス公演 「合言葉/Sweet Shibboleth」(森栄喜、石倉来輝)

パフォーマンス公演 「合言葉/Sweet Shibboleth」(森栄喜、石倉来輝)

パフォーマンス公演 「合言葉/Sweet Shibboleth」(森栄喜、石倉来輝)
日程:2019年03月06日(水)
時間:17:30
備考:公演時間約15分
料金:無料
備考:ただし、3331 ART FAIR 2019入場チケット(一般1,500円/ガイドブック付き1,700円)が必要です。
会場:1F メインギャラリー

作:森栄喜
演出・出演:森栄喜、石倉来輝

東京都写真美術館やギャラリーKEN NAKAHASHIなどで、昨年からパフォーマンスを共に創作・発表しているアーティスト・森栄喜と俳優・石倉来輝。二人による新作のパフォーマンスを発表します。

3331 ART FAIR 2019の出展作家である森栄喜は、1階メインギャラリーにおいて「Family Regained」と題される作品を出展。現代における"家族"とは何か、そのあり方に対する問いは、個々の関係性を軸に、
アイデンティティやジェンダー、多様性といった私たちの社会が内包する課題を浮き彫りにします。

004697_02.jpg

今回発表するのは、新たに制作したパフォーマンス「合言葉/Sweet Shibboleth」。

"恋人や友人、家族など身近な人との何気ない会話のように、日常の中で立ち現れ消えてゆくささやかな光景、感情の揺れ、伸縮する時間。それらの親密な記憶を身体的な動きに変換、視覚化し模倣し合い、他者の身体や身体と身体の間に注ぎ込む。記憶の流動性、混合性、共鳴性をなぞりながら、自己と他者の境界を考え直す。" ---- 森 栄喜

作品とあわせてぜひご観覧ください。

【プロフィール】
森 栄喜
写真家。2001年、パーソンズ美術大学写真学科卒業。写真集『intimacy』(ナナロク社、2013 )で第39回木村伊兵衛写真賞を受賞。『tokyo boy alone』(2011)、『Family Regained』(2017)などの作品集のほか、同性婚をテーマにしたパフォーマンス『Wedding Politics』(2013-2016)がある。近年は写真の他、映像やパフォーマンス、文章や詩など、複数のメディア・領域を通した表現で活動を広げている。

石倉来輝
俳優。劇団ままごと所属。2016年、都立総合芸術高校舞台表現科を卒業。SPAC「高き彼物」(古舘寛治 演出)、FUKAI PRODUCE羽衣×パルテノン多摩「愛いっぱいの愛を」、スイッチ総研各所での公演、ゆうめい「あか」、スペースノットブランク「舞台らしき舞台されど舞台」、チェルフィッチュ「三月の5日間」リクリエー ションなどに参加。

----------------------------------------------------------------------------------------

3331 ART FAIR 2019 特設サイト: https://artfair.3331.jp/

当サイトには、入居している各団体が行う催事についての情報も掲載されています。
展覧会やイベントなどに関するお問い合わせは、各団体へお願い致します。