3331 Arts Chiyoda:アーツ千代田 3331:3331 ARTS CYD

スケジュール:SCHEDULE

HOME > スケジュール > 南北コリアと日本のともだち展 18th

南北コリアと日本のともだち展 18th

南北コリアと日本のともだち展 18th
日程:2019年02月08日(金)~2019年02月10日(日)
時間:10:00-18:00
備考:8日(金)は20:00まで
料金:無料
備考:ただし9日(土)15:00~17:00のギャラリートークは参加費500円
会場:1F コミュニティスペース、1F ラウンジ

日程:2019年2月8日(金)~10日(日)
時間:10:00-18:00(金曜日は20:00まで)
料金:無料(ギャラリートークのみ500円)
会場:1Fコミュニティスペース/1Fラウンジ
チラシはこちら
http://2001.art.coocan.jp/friends/2018/18tomodachiten.pdf
「ともだち展」は2001年にスタートした東アジアの子どもたちの心をつなぐ絵画展です。
日本、大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国、中華人民共和国の子どもたちの絵を集め、お隣で暮らしていながら、簡単には行き来ができないこの地域の子どもたちが「いつかは出会う未来のともだち」に絵でメッセージを送り続けてきました。
今年は各地の子どもたちが、自分たちの住むまちや国の名所を絵とメッセージで紹介。100点以上が集まりました。共同制作「わたしのまちにおいでよ!」では、東アジア各地で実施したワークショップで子どもたちがえがいた建物や風景が勢ぞろい、東アジアのまちを会場に再現します。
平壌(朝鮮)、済州(韓国)、延吉(中国)などで作品づくりに参加した子どもたちの姿も、写真や映像でお伝えします。

■ギャラリートーク「大学生がひらく東アジアの未来」
2月9日(土)15:00~17:00@1Fラウンジ
参加費:500円
南北和解ムードが盛り上がる2018年の夏、朝鮮を訪問して平壌外語大学の学生たちと交流した日本の大学生たちがいます。
彼らは何を話し合い、どんな約束をしたのでしょうか?若い世代が思い描く東アジアの未来とは?
訪朝にも同行した中央大学教授の目加田さんと参加大学生たちが語ります。

■こどもワークショップ 「わたしのまちにおいでよ!」
2月10日(日)10:30~12:30@1Fラウンジ
対象:小中学生(要予約)
作品に描かれている場所はどんなところなのかな?どんな子どもたちが住んでいるんだろう?...
クイズや作品づくりをとおして、知らない子ともともだちになっちゃおう。

当サイトには、入居している各団体が行う催事についての情報も掲載されています。
展覧会やイベントなどに関するお問い合わせは、各団体へお願い致します。