スケジュール:SCHEDULE

HOME > スケジュール > [WTB?展]"WHY?"渦巻く"東京ビエンナーレ"を共同代表が語る:小池一子×中村政人「WHY Tokyo Biennale?」| 特別ゲスト 渡部葉子

[WTB?展]"WHY?"渦巻く"東京ビエンナーレ"を共同代表が語る:小池一子×中村政人「WHY Tokyo Biennale?」| 特別ゲスト 渡部葉子

[WTB?展]
日程:2018年09月25日(火)
備考:要予約
時間:19:00 -21:00
料金:無料
会場:1F コミュニティスペース

[9/19(水)更新]
"WHY?"渦巻く「東京ビエンナーレ」を共同代表が語る!

1970年に東京都美術館で開催された「東京ビエンナーレ」から50年目の2020年に新たになぜ開催するのか。多くの「WHY?」について、東京ビエンナーレ市民委員会の共同代表である、小池一子と中村政人が語ります。また、慶應義塾大学アート・センターの渡部葉子氏を迎え、「第10回日本国際美術展(東京ビエンナーレ)」がどのような展覧会であったのか、資料とともに振り返りながら、新しい「東京ビエンナーレ」の在り方を探ります。


登壇者                    

小池一子
(クリエイティブ・ディレクター / 十和田市現代美術館館長 / 武蔵野美術大学名誉教授)

1936年東京生まれ。早稲田大学文学部卒業。1980年の「無印良品」の創設に携わり、以来アドヴァイザリー・ボードを務める。またヴェニス・ビエンナーレ国際建築展日本館「少女都市」(2000年)、「横尾忠則 十和田ロマン展 POP IT ALL」(2017年、十和田市現代美術館)などの展覧会の企画、ディレクションを行なう。1983年に日本初のオルタナティブ・スペース「佐賀町エキジビット・スペース」を創設・主宰し、多くの現代美術作家を国内外に紹介した(~2000年)。著書「イッセイさんはどこからきたの?」(HeHe) 訳書「アイリーン・グレイ」(みすず書房)2017年出版をはじめ1970年代より多数。


中村政人
(アーティスト / アーツ千代田 3331 統括ディレクター / 東京藝術大学教授)

1963年秋田県大館市生まれ。アーティスト。東京藝術大学絵画科教授。アートを介してコミュニティと産業を繋げ、文化や社会を更新する都市創造のしくみをつくる社会派アーティスト。第49回ヴェネツィア・ビエンナーレ日本代表。平成22年度芸術選奨受賞。1997年よりアート活動集団「コマンドN」を主宰。全国で地域再生型アートプロジェクトを展開し、2010年、民設民営の文化施設「アーツ千代田 3331」を創設。


特別ゲスト:渡部葉子
(慶應義塾大学アート・センター 教授 / キュレーター)

専門は近現代美術史。慶應義塾大学大学院修了(美学・美術史)。東京都美術館、東京都現代美術館において、18年余り学芸員として活動。2006年より現職。各種催事や展覧会の企画実施(「同時代の眼」シリーズ展、「東京ビエンナーレ'70再び」展 etc.)とともに、アート・センターが所管するアーカイヴの活動にも関わる。2016年にはテート・リサーチ・センター:アジア、ヴィジティング・フェローとしてロンドンで研究活動。現在は特に展覧会史に研究的関心を寄せている。


● イベントお申込み方法*先着順
チケット購入サイト(Peatix)よりお申込み頂けます。
こちらより必要事項をご記入の上お申込みください。
https://wtb-event-20180925.peatix.com/view

当サイトには、入居している各団体が行う催事についての情報も掲載されています。
展覧会やイベントなどに関するお問い合わせは、各団体へお願い致します。