スケジュール:SCHEDULE

HOME > スケジュール > オノデラ ユキ 『窓という装置をめぐって』

オノデラ ユキ 『窓という装置をめぐって』

オノデラ ユキ  『窓という装置をめぐって』
日程:2018年09月07日(金)~2018年10月14日(日)
時間:12:00-19:00
備考:最終日は17:00まで
休み:月曜日、火曜日、祝日
料金:無料
会場:204:Gallery KIDO Press

ギャラリーキドプレスでは、2018年9月7日(金)から10月14日(日)まで、パリを拠点に国際的に活躍する写真家、オノデラユキによる版画作品と写真作品を紹介する『オノデラユキ - 窓という装置をめぐって』展を開催いたします。本展では、キドプレスにて2009年に制作されたフォトグラビュールの版画作品「古着のポートレート」(2009年)の5点とともに、これまであまり発表されてこなかった小作品のゼラチン・シルバー・プリント(銀塩写真)の中から《窓》に関わる作品を、オノデラ自身が厳選した写真作品12点を一堂に展示いたします。
今回展示される写真作品は、過去のシリーズから数点ずつ、モンマルトルの空を背景に約50点の古着を窓辺に1点ずつ立たせて撮影した「古着のポートレート」(1994年)を起因として、様々な意味合いを想起させる《窓》をテーマに選出されています。
「古着のポートレート」に至る経路上にあり第1回〈写真新世紀〉(1991年)の受賞作品でもあるシリーズ「君が走っているのだ。僕はダンボの耳で待つ」(1991年)、古着の袖から空を垣間見た「From the Sleeve」(1993年)、美しい青い色調の「窓とコップ/Window and Glass」(1993年)、古着のポートレートと同じモンマルトルのアパルトマンの窓辺で撮影されたシリーズ「鳥」(1994年)、オノデラユキとアキルミのユニットプロジェクトLes KiKiによる永遠のパリを描くシリーズ「レ・キキのパリ/Les KiKi de Paris」(1996年)、東京郊外の家々を浮遊する光の箱のように捉えた作品シリーズ「窓の外を見よ」(2000年)、中心に明るい大きな窓がある部屋に世界各地の地名を標識のオブジェが配置されたシリーズ「世界は小さくない−1826」(2012年)という7つのシリーズから、今回は《窓》に関わる作品としてオノデラにより編集されることで、当展示に出品される写真はシリーズという枠組みから解放され、新たな側面を見出す可能性に満ちた内容にもなります。そして《窓》はそのとき、部屋の窓、窓辺、カメラという箱の窓、あるいは写真のフレーム、もしくは写真という枠組みそのものであるのかもしれません。制作の現場でもある版画工房のギャラリースペースだからこそ実現した試作的な展示内容を、オノデラの写真作品に内在する多様な視覚表現と思考の痕跡を辿りながら、そのオノデラの窓からも飛び出し想像の翼を羽ばたかせるようにお楽しみいただけましたら幸いです。

当サイトには、入居している各団体が行う催事についての情報も掲載されています。
展覧会やイベントなどに関するお問い合わせは、各団体へお願い致します。