3331 Arts Chiyoda:アーツ千代田 3331:3331 ARTS CYD

スケジュール:SCHEDULE

HOME > スケジュール > 立花文穂展2つのトーク 第2弾 立花文穂×佐藤卓

立花文穂展2つのトーク 第2弾 立花文穂×佐藤卓

立花文穂展2つのトーク 第2弾 立花文穂×佐藤卓
日程:2013年07月19日(金)
時間:19:30-21:00(19:00開場)
料金:800円(当日受付にてお支払下さい)
会場:B105

佐賀町アーカイブ 『立花文穂展』の関連トークイベント第2弾として、グラフィックデザイナーの佐藤卓さんをお迎えして立花文穂さんとの対談を行います。
ぜひご参加ください。

お申し込みはこちら
※定員に達しましたので受付を終了いたしました。
http://www.sagacho.jp/ja/events/form-0719/

-------------------
立花文穂[たちばな・ふみお]
アーティスト、グラフィックデザイナー。1968年、広島市生まれ。東京在住。92年、武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。94年、東京藝術大学大学院美術研究科修了。1994年、アメリカ・ヴァーモントでアーティスト・イン・レジデンス後、1995年、個展「MADE IN U.S.A.」(佐賀町エキジビット・スペース)をはじめ、「木のなかに森がみえる」(2005年、SHISEIDO LA BEAUTE(パリ))、「デザイン 立花文穂」(2011年、ギンザ・グラフィック・ギャラリー)など国内外で発表。主なグループ展に「衣服の領域」(小池一子キュレーション。2004年、武蔵野美術大学図書館他)、「MOTアニュアル2008ー解きほぐすとき」(2008年、東京都現代美術館)、「風穴―もうひとつのコンセプチュアリズム、アジアから」(2011年、国立国際美術館)など。2006年より自ら責任編集とデザインを手がける『球体』(現在5号刊行)をはじめる。
作品集に『紙々』『クララ洋裁研究所』『風下』など。最新の著書に『かたちのみかた』(誠文堂新光社)。現在、女子美術大学デザイン・工芸学科ヴィジュアルデザイン専攻准教授。
-------------------
佐藤卓[さとう・たく]
グラフィックデザイナー。1979年東京藝術大学デザイン科卒業、1981年同大学院修了、株式会社電通を経て、1984年佐藤卓デザイン事務所設立。「ロッテ キシリトールガム」「明治おいしい牛乳」などのパッケージデザイン、「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE」のグラフィックデザイン、金沢21世紀美術館や国立科学博物館などのシンボルマークを手掛ける。また、NHK Eテレ「にほんごであそぼ」の企画メンバー及びアートディレクター・「デザインあ」総合指導、21_21 DESIGN SIGHTのディレクターも務めるなど多岐にわたって活動。
-------------------

当サイトには、入居している各団体が行う催事についての情報も掲載されています。
展覧会やイベントなどに関するお問い合わせは、各団体へお願い致します。