3331 Arts Chiyoda:アーツ千代田 3331:3331 ARTS CYD

スケジュール:SCHEDULE

HOME > スケジュール > FUTURE SHORTS ショートフィルム映画祭

FUTURE SHORTS ショートフィルム映画祭

FUTURE SHORTS ショートフィルム映画祭
日程:2013年5月24日 (金) 7pm-10pm & 2013年5月25日(土)6pm-9pm
料金:入場料 800 円 ドリンク 300円
会場:B104

各ショートフィルムのディレクター:Grzegorz Zariczny (Poland) / Grainger David (United States) / Frida Kempff (Sweden) / Guto Parente (Brazil) / Kangmin Kim(South Korea) / Damien Chazelle (United States)


世界の映画祭で受賞したショートフィルムのコレクション。2013年スプリングシーズンは、小さな町の有毒なカビ、スウェーデンの100歳のおばあさん、ブラジルののん気な大人、ポーランドのより良い生活、韓国の銭湯、アメリカのエリート音楽学校、を舞台にした6つのショートフィルムを日本語と英語の字幕付きで上映します。

作品ラインナップは、2012年SXSW映画祭にて短編フィクション最優秀審査員賞を受賞した、小さな町での見えない敵と共に生活することについての『椅子』The Chair (USA, 2012)、最低サッカーリーグのレフリーの夢と希望を描いた『ホイッスル』 The Whistle (Poland, 2012)、父と息子の関係を描いたパワフルなアニメーション38-39℃ (USA/South Korea, 2011)、2010年カンヌ映画祭審査員賞受賞作品で地元スイミンググラブで毎日泳ぐ100歳のミッキーおばあさんが語る『ミッキー・ベイダー』Micky Bader (Sweden/Denmark; 2009)、『犬は物事を見ているらしい』Dogs are Said to See Things (Brazil; 2012) 、2013年サンダンス映画祭で短編審査員賞:USフィクションを受賞した『むち打ち』Whiplash (USA, 2012)


********* FILM LIST **********
『ホイッスル』 THE WHISTLE
Dir: Grzegorz Zariczny
Poland - 2012 (17 min/Documentary)

Marcin, a lowest-leagues football referee who lives in a small town near Krakow, dreams of better times. At his mother's urging, he decides to change his life and find himself a girlfriend and more satisfying job. Winner of the Grand Jury Prize Sundance 2013.

******************************
38 - 39°C
Dir: Kangmin Kim
USA/ South Korea - 2011 (8 min / Animation)

A man enters an old bathhouse where, induced by the intense heat and steam, he relives a memory of his father, and their past relationship ignites.

001965_05.jpg

******************************
『椅子』 THE CHAIR
Dir: Grainger David
USA - 2012 (12 min / Drama)

The Chair is the story of a mysterious outbreak of poisonous mold in a small town and one boy's attempt to understand his mother's death, his grandmother's obsession with their discarded recliner, and the roots of this short-lived, strange, and inexplicable plague. Jury Award Winner Best Narrative Short at SXSW 2012.

001965_06.jpg

******************************
『ミッキー・ベーダー』 MICKY BADER
Dir: Frida Kempff
Sweden/Denmark - 2009 (14 min / Documentary)

100 year old Micky has been a member of the local bathing club for almost half a decade. Every day, every season, she swims with her friends. From her story we gain a perspective on ourselves and our existence Winner of the Jury Prize Cannes 2010.

001965_07.jpg

******************************
『犬は物事を見ているらしい』 DOGS ARE SAID TO SEE THINGS
Dir: Guto Parente
Brazil - 2012 (12 mim / Fiction)

An omen, a shred of time only. Suddenly the huge-bellied man jumps into the pool holding a glass of whiskey. Based on the short story by Moreira Campos. Jury Honorable Mention at AFI Fest 2012.

001965_08.jpg

******************************
『むち打ち』 WHIPLASH
Dir: Damien Chazelle
USA - 2012 (18 min / Drama | Comedy)

An aspiring drummer enters an elite conservatory's top jazz orchestra. Winner of the US Fiction Award Sundance 2013.


■チケット
BOOK NOW  (チケット販売サイトへリンク)
*当日券のお問合せは makiko@e06.itscom.netへ。

対象年齢18歳以上 /ショートフィルム上映時間81分
上映前にアートインスタレーションまたはパフォーマンスを予定しています。


■FUTURE SHORTS JAPANは、FUTURE SHORTSのスクリーニング・パートナーである渡邉麻紀子によって運営され、世界から選りすぐりのショートフィルムとシークレットなアート・インスタレーションを合わせた良質な空間を楽しんでもらう一方で、体験の"ゆるさにこだわり、お友達と 会話もはずみ、観客のイマジネーションやクリエイティビティーを刺激するような、実験的なイベントを作っています。2012年1月に、日本で初めてのFuture Shorts Festival上映きっかけに活動を開始し、有志と共に、フィルムの翻訳、イベントの運営、マーケティングなどを行っています。ジャンルや国といったボーダーを越え、様々なアーティスト、デザイナー、翻訳者、運営スタッフらとのコラボレーションによって、3カ月に一度、シーズンごとのイベントを作り上げています。
FUTURE SHORTS WEBPAGE
Future Shorts Japan Facebook


001965_03.jpg

Makiko Watanabe
Event producer
Future Shorts Screening Partner
1979年うまれ、横浜そだち。2001年、津田塾大学卒業。2008年渡英し Central Saint Martins College of Art and DesignにてMA Innovation Managementを学んだ後、イベントの企画、運営をしている。ロンドン在住。Profile: http://www.createdestroyinnovate.co.uk/exhibition/student-profiles/makiko-watanabe

当サイトには、入居している各団体が行う催事についての情報も掲載されています。
展覧会やイベントなどに関するお問い合わせは、各団体へお願い致します。