3331 Arts Chiyoda:アーツ千代田 3331:3331 ARTS CYD

スケジュール:SCHEDULE

HOME > スケジュール > まばたきスケッチ

まばたきスケッチ

まばたきスケッチ
日程:2012年01月28日(土)~2012年02月26日(日)
時間:(日〜木)12:00-19:00(金・土)12:00-20:00
休み:火曜日
料金:無料
会場:206a(ゼロダデ アートセンター 東京)

アーティスト:遠藤麻衣、大絵晃世、佐々木紘子

この度、3331 Arts Chiyodaにて、遠藤麻衣、大絵晃世、佐々木紘子の3人が企画・構成・展示を行なうグループショーを開催することになりました。本展は3人の平面作品、映像、インスタレーションの新作により構成されます。
私たちは何気なく日常を過ごしていますが、過ぎ去って行く一瞬は二度と戻ってこないものだということを、昨年3.11という大きな衝撃により痛感いたしました。
多くの人は、時間を大切に残しておきたいという思いから、写真を撮ったりスケッチをしたりして時間を留めようとしてきたのではないでしょうか。
まばたきのように意識しない一瞬、その見えていない間にも後から思えば大切だった時が含まれているかもしれません。
"まばたきスケッチ"というタイトルには、観ている現実だけではなく、まばたきのうちに入り込んでくる私たちの想像や夢や過去をもスケッチする、という意味が込められています。

・身近なところから常に作品のアプローチをする遠藤は、自分の部屋の物が増えることに対する喜びとともに嫌悪の気持ちが存在することに着目し、そのアンビバレンスな感情を視覚化しようと試みます。
・大絵は「新宿御苑のためのレクイエム」という曲を作曲し、映像作品とライブパフォーマンスとして展開します。新宿御苑というロケーションは、作品を作る上で、"別れの場所" "無常を感じる場所" として喚起されたものです。
・佐々木はある街を取材し、撮影した写真からコマ撮りアニメーションを制作します。そのアニメーションをもとに、沢山の収集した風景を一つの映像インスタレーション作品として展開することで、それぞれの日常に含まれる物語の共有を試みます。

3人のアーティストがそれぞれの視点で捉えた "まばたきスケッチ" を提示することで、普段は観る事のできない夢と現の境界を共有できる空間を展開します。


展覧会ホームページ(https://sites.google.com/site/mabatakisketch/
オープニングパーティ 2012年1月29日(日)17:00-20:00
アーティストトーク 18:00-19:00
ゲストトーク 高嶺格 2012年2月12日(日)17:00-19:00 ※予約優先。
ご予約はこちらから→ https://sites.google.com/site/mabatakisketch/guest-talk/advance-reservation
なお、ゲストトークについては会場が地下1F ARTS FIELD TOKYO(http://artsfield.jp/)となります。    

当サイトには、入居している各団体が行う催事についての情報も掲載されています。
展覧会やイベントなどに関するお問い合わせは、各団体へお願い致します。