3331 Arts Chiyoda:アーツ千代田 3331:3331 ARTS CYD

スケジュール:SCHEDULE

HOME > スケジュール > 第16回ニパフ・アジア・パフォーマンス・アート連続展'11

第16回ニパフ・アジア・パフォーマンス・アート連続展'11

第16回ニパフ・アジア・パフォーマンス・アート連続展'11
日程:2011年11月28日(月)~2011年12月02日(金)
備考:2011年11月27日(日)第8回東京会議(アーティスト・トーク)
時間:午後7時開演
備考:2011年11月27日(日)第8回東京会議は、午前11時〜午後2時まで。
料金:1日券:学生=前売1,500円、当日1,800円 一般=前売2,000円、当日 2,300円 高校生=1,200円(当日のみ)/2日券:学生2日券=2,800円、一般2日券=3,500円、高校生2日券=2,200円/3日券:学生3日券=3,900円、一般3日券=4,600円、高校生3日券=3,000円/5日券:学生5日券=5,000円、一般5日券=6,000円、高校生5日券=4,000円
備考:第8回東京会議 学生1,000円、一般1,200円
会場:B104

アーティスト:
[アジア]
1W.クリスチアワン(インドネシア、バンドゥン、男、全日程)
2コン・チャンナ(カンボジア、プノンペン、男、全日程)
3ファラ・ムーン(バングラデシュ、ダッカ、女、全日程)
4ニシャ・ナイール(インド、ムンバイ、女、全日程)
5養育君イェ・ユージュン(台湾、台北、女、全日程)
6コッラー(ミャンマー、ヤンゴン、男、全日程)
7チトゥー(マレーシア、クアラルンプール、男、全日程)
[日本]
1霜田誠二(全カ所)、2黒田オサム(全カ所)、3大池公二(全カ所)、4 福長恵美(全カ所)、5倉田めば(東京)、6寺尾晴美(東京)、7北山聖子 (東京)、8御須玲央奈(東京)、9田中良典(東京)、10伊藤彩(東京)

今年の事は、忘れない!2011
アジアの知恵と勇気と実践を学ぶ/アジア現代アートの最先端を知る。

今年の1月から2月にかけてニパフはインドとバングラデシュの3都市を巡 り、両国ともに初めての大規模の現代パフォーマンス・アートのイベントを開 催した。一昨年末から両国に行き始めてトークやワークショップをやり、やっ と実現した企画だった。日本から10名、韓国から1名を連れて合計11名のアー ティスト達が、ハードな日程の中を現地の主に多くの若いアーティスト達と充 実した交流ができた。

 その興奮も覚めやらない3月11日にあの大地震が起きた。ちょうどそのビデ オの編集をしている時だった。それから日本の風景は大きく変わった。5月か ら6月にかけて東京・大阪・長野で「第18回ニパフ」を半ば強引に開催して、 まだ内心は半信半疑だった。ニパフはまだ活動を続けるべきなのか。ただイン ドとバングラに一緒に行った美大生がだいぶ経ってから「あのツアーの体験が あったからあの大地震の衝撃から回復できたと思う」というメールをくれて、 それを忘れてはいけないと思った。彼はパスポートをとって初めての海外体験 だった。

 それでも個人的にはまだ立ち直れない部分があったのだが、8月から9月に かけて3週間ベラルーシ、セルビア、ルーマニア、スイスのフェスティバルを 巡演しているうちに何かはっきりと分かって来た。そして10月にミャンマー、 カンボジア、インドネシアへのツアーを企画し、日本から5名、インドから1 名、ベトナムから2名(部分参加)が3カ国を回った。日本から同行した2名 の美大生は、また初めての海外体験だった。そして旅を続けるうちに日ごとに 彼女達の顔が輝いていった。それは日本でこのニパフを開催するといつも見る 事のできる、海外アーティスト達の顔だった。旅の一瞬一瞬が、旅人に新たな 知恵と力を与えてくれる。旅を続ける事が義務のようにあるのが、この表現 だ。大変だけれど、だから面白い。

 皆さんのお越しをお待ちしています。よろしくお願いします。         

ニパフ実行委員会 
代表/霜田誠二


<お問い合わせ・ご予約>
E-MAIL; nipaf@avis.ne.jp または 090-1652-9127  http://nipaf.2bx.bz/

当サイトには、入居している各団体が行う催事についての情報も掲載されています。
展覧会やイベントなどに関するお問い合わせは、各団体へお願い致します。