3331 Arts Chiyoda:アーツ千代田 3331:3331 ARTS CYD

スケジュール:SCHEDULE

HOME > スケジュール > 日本救助犬協会東日本大震災救助活動報告展 『今、伝えたいこと・・・』

日本救助犬協会東日本大震災救助活動報告展 『今、伝えたいこと・・・』

日本救助犬協会東日本大震災救助活動報告展 『今、伝えたいこと・・・』
日程:2011年06月30日(木)~2011年07月03日(日)
時間:12:00-19:00
料金:無料
会場:B106(RENSEI PRINT PARK)

日本救助犬協会救助活動報告展も三回目になります。今回は会員の撮影した写真のほかに、ナイロビ在住の写真家 千葉康由氏の写真も展示いたします。


<日本救助犬協会について>

(日本救助犬協会設立の経緯)
NPO法人・日本救助犬協会の前身である日本災害救助犬協会は、1996年6月1日に設立されました。前年の1995年には、6,433名という多くの犠牲者を出した阪神淡路大震災が発生しました。すぐに海外から、災害救助犬を使ったボランティアの救援部隊が駆けつけましたが、当時の日本ではまだ災害救助犬が広く認知されておらず、検疫という制度が壁となって、せっかく海外からやってきた救助犬たちは空港で足止めされ、救助活動が始まるまでに地震発生から3日という貴重な時間が過ぎてしまいました。そのときの教訓と「日本にもし災害救助犬がいてすぐに駆けつけることができたら、もっとたくさんの命を救えたにちがいない」との思いから、ボランティアの手で多くの災害救助犬を育て、災害時の救助活動に貢献するために当協会が設立されました。

(協会活動の趣旨)
 こうして設立された日本災害救助犬協会は、「ボランティアによる災害救助犬の育成」という設立当初の目的を果たしつつ、犬による幅広い社会貢献を視野に入れ、「日本救助犬協会」と名称を変更するとともに組織を拡大し、1999年10月にはNPO法人としての認証を受けました。災害救助犬の育成に関する当協会の考え方は、「犬種や血統を問わず、一般家庭で飼われている犬でも適性さえあれば、飼主自身による訓練によって災害救助犬になることができる」というものです。また、人の大好きな犬を伴って福祉施設や教育施設などを訪問し(動物介在活動)、お年寄りや子どもたちとのふれあい活動を通じて医療や福祉の一助になることをめざしています。

7月2日は16:00から、コミュニティスペースで行なわれるシンポジウムに日本救助犬協会も参加いたします。また当日はウッドデッキに救助犬がやってきます。http://action.3331.jp/000034.html

特定非営利活動法人 日本救助犬協会
http://www.kinet.or.jp/kyujoken/index.shtml

同時開催;Action in Japan! つなぎ合う輪 "Hearts Band"活動報告展
http://www.watom.jp/charity/index.html

当サイトには、入居している各団体が行う催事についての情報も掲載されています。
展覧会やイベントなどに関するお問い合わせは、各団体へお願い致します。