スケジュール:SCHEDULE

HOME > スケジュール > ムンタダス展 アジアン・プロトコル ~日本・中国・韓国の類似点、相違点、そして緊張~

ムンタダス展 アジアン・プロトコル ~日本・中国・韓国の類似点、相違点、そして緊張~

ムンタダス展 アジアン・プロトコル ~日本・中国・韓国の類似点、相違点、そして緊張~
日程:2016年03月20日(日)~2016年04月17日(日)
時間:12:00-19:00
備考:入場は閉館時間の30分前まで
休み:会期中無休
料金:一般800円 /大学生・専門学校生・65 歳以上 700 円
備考: (パスポート制。ご本人に限り会期中何度でも入場可)※千代田区民、高校生以下、障がい者およびその同伴者 無料※ラウンドテーブルは別途参加料が必要です。
会場:1F メインギャラリー

3331 Arts Chiyoda は、スペイン人アーティスト、アントニ・ムンタダス(ニューヨーク在住)を
アーティスト・イン・レジデンス・プログラムに招聘し、その成果として、
2016年3月20日(日)から4月17日(日)まで、日本における20年ぶりの個展
「 Muntadas: Asian Protocols」 (邦題:ムンタダス展 アジアン・プロトコル)を開催いたします。
ムンタダスは、様々なメディアを用いるコンセプチュアル・アートのパイオニアとして国際的に知られるアーティストです。
本展のタイトルにある「プロトコル」とは、私たちの社会と生活の公私にわたる様々な「約束ごと」のことです。
外交上の儀礼や協定・議定書、社会の慣習や規則、科学・芸術上の法則や方式、
コンピュータ通信の手順や規約など、多様な場面で使われます。
ムンタダスは、その様々な意味をもつ「プロトコル」を、2011年から日本、中国、韓国でリサーチし、
各地で収集した膨大なイメージを、インスタレーションの形で作品にしました。

本展は、私たちを取り巻く様々な「約束ごと」を通じ、遠くて近いこれら3か国の類似点や相違点、
対立や緊張を視覚的に浮き上がらせる試みです。
ぜひこの機会に足をお運びください。

■特設サイト
http://am.3331.jp/

■関連イベント「日本・中国・韓国ラウンドテーブル」
3月04日(金)「パブリック/プライベートスペース : アイデンティティ、日常生活、都市への権利」
3月20日(日)「文化検閲」
3月26日(土)「恐怖のなりたち」
各イベントについては詳細をご覧ください。

□主催: 3331 Arts Chiyoda    
□助成:平成27年度 文化庁 文化芸術の海外発信拠点形成事業、 Acción Cultural Española (AC/E)、スペイン文化活動公社)、駐日スペイン大使館
□協賛:株式会社安井建築設計事務所
□機材協力:EIZO 株式会社
□協力:公益財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト、BankART1929
文部科学省国立大学機能強化事業「国際共同プロジェクト」東京藝術大学グローバルアート共同カリキュラム2015
□企画協力:Hiroko Seki Art Office

当サイトには、入居している各団体が行う催事についての情報も掲載されています。
展覧会やイベントなどに関するお問い合わせは、各団体へお願い致します。