3331について:ABOUT 3331

HOME > 3331について

3331 Arts Chiyodaは、たくさんの表現と出会える場所

3331 Arts Chiyodaは旧練成中学校を利用して誕生したアートセンターです。地下1階、地上3階の館内には、アートギャラリー、オフィス、カフェなどが入居し、展覧会だけでなくワークショップや講演会といった文化的活動の拠点として利用されています。また、誰でも無料で利用できるフリースペースも充実しており、お昼時には近隣にお勤めの方々やベビーカーを押すお母さんたちで賑わい、夕方には宿題をする子供たちの姿も見られます。

アートに興味を持つ人のみならず、誰でも気軽に利用できるのが3331 Arts Chiyodaの特徴。第一線で活躍するアーティストやクリエイターから、地域の子どもたちまでが集い、日常的に創造力を育む文化的活動に触れることができます。東京だけでなく、日本各地や東アジアをはじめとする「新しいアートの拠点」を目指す一方、区民の方々をはじめ人々の憩いの場でもあるのです。

当施設は千代田区文化芸術プランの重点プロジェクトとして始まりました。
プロジェクトの経緯については、こちらからご覧ください。
当施設はその経緯をふまえ、運営団体が民営による運営を行っています。
「ちよだアートスクエア」について(アーツ千代田 3331について)

「3331」の由来

「江戸一本締め」をご存知ですか?江戸一本締めは、おめでたい席で感謝の意を表す風習として、古く江戸時代から受け継がれてきた手締めの文化です。かけ声の「イヨーオ」は、「祝う・祝おう」が語源といわれ、さらに「シャン・シャン・シャン」と三回打つことが三回で合わせて九(苦)となり、最後に「シャン」と一回打つことで苦を払い、「九」に一画加えて「丸」になるとされています。「3331」のマークは、そのリズムを数字で表したもの、ロゴマークもよく見ると、そのリズムを数字で表したもの、ロゴマークもよく見てみると。「三・三・三・一」の文字からできていることに気づきましたか?

神田くすのき会

3331 Arts Chiyodaは、すべての人々、まちに宿る創造性を喚起する自由で大らかな文化拠点として、ジャンル・形式・時代性を超えたアートのかたちを全世界に向けて発信するというミッションを掲げ活動してきました。
このたび開館3周年を迎え、3331 Arts Chiyodaの理念に賛同し、応援する「神田くすのき会」を設立し、千代田区発の世界に向けた文化施設としてさらに大きく成長することを目指します。
詳しくはこちら

  • 展覧会・イベントスケジュール
  • 本日のスケジュール