お知らせ:NEWS

HOME > お知らせ > (PR)宍戸遊美 個展「レインボーレーン」開催のお知らせ

(PR)宍戸遊美 個展「レインボーレーン」開催のお知らせ

August 23, 2013 / プレスリリース

002094_01.jpg

この度、3331 Arts Chiyoda では、8 月23 日(金)~9 月16 日(月・祝)の会期にて、宍戸遊美 個展「レインボーレーン」を開催する運びとなりました。

宍戸遊美は、3331 Arts Chiyoda の設立メンバーのひとりであり、アーティストとしても、沖縄県沖縄市、富山県氷見市、秋田県大館市などでアートプロジェクトの立ち上げ・運営に携わってきました。"その土地で続いてきたもの" を見つめ、人と人・地域と人との多様な距離感を受け入れること。そして、その風景や関係の中で自らもまた"続いてきたもの" の一端をつくっていく立場になるということ。地方で培った経験は、それらを学び、感じ、実践する場であり、今の活動にも繋がっています。

「レインボーレーン」は、神田五軒町に戦前から住むふたりの男性への取材からなる作品です。彼らとの会話から見出されるエピソードや想いは、アートセンターを日々運営し、時間をかけて育んでいく関係があるからこそ見えてきたものでした。昭和7 年生まれ、昭和11年生まれの彼らが語る、青年期から現在に至る景色には、震災や戦争、経済崩壊といった数々の出来事が、"情報" としてではなく、土地と結びついたひとつひとつの記憶として刻まれています。

すぐそこにあるかのようで遠く、触れられそうで決して掴むことの出来ない彼らの記憶の断片や瞬間。会場では、取材時に撮影した写真をスライド映写機で投影し、光を帯びて浮かび上がる彼らの姿と声が暗闇の中で重なります。映写機の「カシャッ」「カシャッ」という音は、彼らの記憶を"いま、この場所" に新たに刻む音かもしれません。

はるか遠くにあるものをたぐり寄せ、そっと触れてみたとき。そこには、何が現れてくるのでしょうか。
東京では初の個展となるこの機会に、是非足をお運びください。

展覧会サイト:http://www.3331.jp/schedule/002094.html

<概要>
□ タイトル:宍戸遊美 個展「 レインボーレーン 」
□ 会 期:2013 年8 月23 日(金)~9 月16 日(月・祝) 12:00-19:00
□ 休場日:毎週火曜日
□ 会 場:3331 Arts Chiyoda 1F 3331 GALLERY 入場無料
□ 主 催:3331 Arts Chiyoda

<資料PDF>
PR3331_0823.pdf

Category Archives

Recent Post

Monthly Archives

  • 展覧会・イベントスケジュール
  • 本日のスケジュール