スケジュール:SCHEDULE

HOME > スケジュール > 鷲田めるろさん登壇予定!『アーティストトーク 旅×AIRの可能性 2 ~アーティスト・イン・レジデンスプログラム(AIR) を通して日本を旅する魅力とその可能性とは?~』

鷲田めるろさん登壇予定!『アーティストトーク 旅×AIRの可能性 2 ~アーティスト・イン・レジデンスプログラム(AIR) を通して日本を旅する魅力とその可能性とは?~』

鷲田めるろさん登壇予定!『アーティストトーク 旅×AIRの可能性 2 ~アーティスト・イン・レジデンスプログラム(AIR) を通して日本を旅する魅力とその可能性とは?~』
日程:2017年12月17日(日)
時間:17:30-20:30
備考:(開場17:00~)
料金:無料
会場:1F コミュニティスペース

アーティスト:アナヒタ・ラズミ/ Anahita RAZMI (ドイツ)、シュー ルアン・ウー/ Shu-Lun WU (台湾)、チョングワン・パイク/ Jongkwan PAIK (韓国)

【Move Arts Japan アーティスト・イン・レジデンスプログラム 2017】
『アーティストトーク 旅×AIRの可能性 2 ~アーティスト・イン・レジデンスプログラム(AIR) を通して日本を旅する魅力とその可能性とは?~』

アーティストが日本国内数カ所を旅することで得た、移動型AIRプログラムの魅力を発表します。今回は、自身もAIR運営経験のある、金沢21 世紀美術館のキュレーター 鷲田めるろさん、さっぽろ天神山アートスタジオのレジデンス・ディレクターである小田井真美さんをゲストにお迎えして、Move Arts Japan ディレクター 中村政人と共にアーティストとのラウンドテーブルにて、日本国内を移動することの魅力を掘り下げます。

■出演者
鷲田 めるろ ( 金沢21 世紀美術館キュレーター)
小田井 真美 ( さっぽろ天神山アートスタジオ AIR ディレクター、Move Arts Japan ポータルサイトディレクター)
中村 政人 ( アーツ千代田 3331 統括ディレクター、Move Arts Japan ディレクター)
アナヒタ・ラズミ/ Anahita RAZMI( アーティスト/Artist)
シュー ルアン・ウー/ Shu-Lun WU (アーティスト/Artist)
チョングワン・パイク/ Jongkwan PAIK (アーティスト/Artist)

■イベントタイムテーブル
17:00~17:30 開場
17:30~19:00 アーティストによるプレゼンテーション
19:00~20:00 アーティストとゲスト登壇者によるラウンドテーブル

※イベントは通訳者による日本語での補助がございます。

■登壇者プロフィール
鷲田めるろ
金沢21 世紀美術館キュレーター。1973 年京都生まれ。東京大学大学院美術史学専攻修士課程修了。地域や参加をテーマに、日本の現代美術や現代建築の展覧会、プロジェクトを企画する。主な企画に、アトリエ・ワン、「3.11 以後の建築」など。2009年にKapoというクリエイター・イン・レジデンスを実施。

中村政人
3331 Arts Chiyoda 統括ディレクター(設立2010 年)。アーティスト。1963 年生まれ。東京藝術大学教授。「美術と社会」「美術と教育」との関わりをテーマに様々なアート・プロジェクトを実施する。平成22 年芸術選奨受賞。

小田井 真美
オルタナティブスペース運営、国際展での滞在制作コーディネート、NPOでのAIR運営を経て、アートによる地域活性化事業、アーティスト・イン・スクールの企画と事業設計。TransArtist(オランダ)で文化政策とAIRネットワ-キングについて研究、アーカスプロジェクト(茨城)ディレクター、コマンドNと共にアーティストの移動のためのポータルサイトMOVE ARTS JAPAN運営、札幌国際芸術祭(SIAF)2014でチーフ・プロジェクトマネージャーを経て、現在は札幌市のAIR施設さっぽろ天神山アートスタジオAIRディレクター。新規AIRのための事業設計、VISUAL ARTS FOCUS with INSTITUT FRANCAIS(フランス)招聘など国内外AIR事業とその背景に関するリサーチ多数。

■お問い合わせ・参加申し込み
メール:info@movearts.jp
電話:03-6803-2441
参加希望の方はinfo@movearts.jpまで、タイトルに「MAJ event」と書き、本文に参加者のお名前、所属、連絡先 (Eメールもしくはお電話番号)、参加人数を書いて送信してください。

■会場住所:アーツ千代田 3331
〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14

主催:(社)コマンドN
協力:アーツ千代田 3331、AIR 3331、さっぽろ天神山アートスタジオ、nedoko、ゼロダテアートプロジェクト、Kapo Creator in Residence、Artist in Residence
Yamanashi[AIRY]、Art Space 寄す処、Artist in Residence Studio Kura、紺屋2023
助成:平成29年度 文化庁 アーティスト・イン・レジデンス活動支援事業


■Move Arts Japanとは?
2016年にバイリンガル化されたMove Arts Japan(略称:MAJ)では、アーティストが日本国内の移動を行いやすくするために、日本各地のAIR所在地の周辺地域情報として、見られるもの、食べられるもの、会える人/動物、参加できるイベントなどの、ローカルな情報を掲載しています。
詳細コチラ▷▷▷https://movearts.jp

■Move Arts Japan アーティスト・イン・レジデンスプログラム 2017 とは?
この冬、ポータルサイトの運営を軸に「移動型AIR プログラム」を提案するMAJが実施する新たなAIRプログラムです。MAJ がこれまでに培ってきたネットワークを活かし、海外2団体、そして日本国内の10団体と連携してプログラムを運営しています。アーティストが自ら行きたい場所を選ぶ、アーティスト主導型の旅で、能動的に見つけた視点をリサーチ結果として、アーティストトークと成果物の展示を行います。旅の終着点である東京・アーツ千代 3331が、成果発表の会場となります。

当サイトには、入居している各団体が行う催事についての情報も掲載されています。
展覧会やイベントなどに関するお問い合わせは、各団体へお願い致します。