Menu
EN
HOME
緊急事態宣言発令に伴う感染拡大防止対策の強化ならびに施設のご利用について
HOME > スケジュール > 安野モヨコ、喜多川歌麿"浮世絵の遊女たち"

安野モヨコ、喜多川歌麿"浮世絵の遊女たち"

安野モヨコ、喜多川歌麿"浮世絵の遊女たち"
日程
第一期 2016年9月17日(土)~2016年9月25日(日)/第二期 2016年10月15日(土)、16(日)、22(土)、23(日)、29(土)、30日(日)
時間
14:00-18:00
休み
なし
料金
無料
会場
211:AI KOWADA GALLERY / Open Letter

このたびAI KOWADA GALLERYでは安野モヨコ、喜多川歌麿"浮世絵の遊女たち"を開催いたします。

江戸時代、過酷な運命を甘受しつつ華として強くしなやかに生きる美しき「遊女」たちの日常を小さな画面に鮮やかに切り取り、庶民たちの気軽に買える楽しみとしてその画風が絶大に支持された花形浮世絵師、喜多川歌麿。

一方、繊細な線描が創り出す女性画としての魅力と優れた心理描写との相乗効果で、幅広い層の共感を勝ち取る現代のカリスマ漫画家、安野モヨコ。彼女はいわば平成のトップ美人画クリエーターとしてサブカルチャーのアートシーンで大きな存在を示しています。

本展にあたっては、江戸浮世絵の精緻な復刻を行うほか、草間彌生などコンテンポラリーの巨匠の信を得てその版画の刷り師を務める職人が、安野のオリジナル画を浮世絵の伝統である山桜の版木に彫り、刷り上げました。モチーフになったのは遊郭を舞台にした安野のヒット作『さくらん』、『鼻下長紳士回顧録』のヒロインの姿です。このたびは 安野のこの新しい「浮世絵」を、同職人の手になる歌麿の版画代表作『扇屋花扇』、『青楼十二時』とともにご覧いただきます。

1700年代と2010年代。歌麿、安野がそれぞれ鮮やかに描いた遊女たちによる、
時空を超えた「浮世絵」というステージでの競演。

計10点ほどの見応えのある展示をどうぞご高覧ください。



---
安野芸術のヒロインたち

安野作品の女主人公たちは常に、過酷な現実と直面し、幻のような"幸せ"を掴もうともがきながら、現代社会における既存の価値観やシステムの中でたくましく生きています。

「本当は、彼氏がいても幸せになれるかわからないことだってわかってる。」『ハッピー・マニア』
「あたしは "仕事したなー"って思って死にたい。」『働きマン』
「もっと痩せたら、きらきらした幸せが待っている」『脂肪と言う名の服を着て』

ため息交じりに理想を追いかける若い現代女性の姿は、遊郭の外の幸せを夢見つつ、
実際は決して逃れる事のできない「監獄」のなかで過ごす遊女たちのそれにつながります。

『鼻下長紳士回顧録』について受けたインタビューで安野はこう語りました。
「設定はいまからちょうど100年前、1913年のパリの娼館。
でも資料などを見ると、100年前でも案外今の私たちと変わらない。
考えていることとか、言っていることとかもほとんど変わらない。とくに若い女の子は。」

『さくらん』(講談社)、『鼻下長紳士回顧録』(祥伝社)など、正面切って性風俗を題材にした作品は比較的近年のものですが、人間のあからさまな"欲望"という根源的テーマへ迫りつつも、あくまで等身大の心理描写を大切にする安野ならではの語り口が、蜷川実花監督での映画化、ハワイのホノルル美術館の展示などにおいて漫画の枠を超え、高く評価されました。

安野のアートは、大衆芸術にのみ可能なアプローチで、切なく輝く人間の真実をすくい上げるものであり、それゆえにこそ歌麿に代表される江戸のロー・アート、浮世絵との限りない共鳴が可能であると言えましょう。

--
安野モヨコ

1971年東京生まれ。漫画家。
内田百閒 岡本綺堂 谷崎潤一郎 寺田寅彦などの、純文学や随筆に影響を受ける。
『シュガシュガルーン』で第29回講談社漫画賞を受賞。
2006年10月より、『モーニング』にて連載の『働きマン』がフジテレビ系でアニメ化、
2007年10月に日本テレビ系でドラマ化。

2007年2月には、『イブニング』で連載された『さくらん』が、蜷川実花監督により実写映画化。
2015年にハワイのホノルル美術館で開催された" Modern Love: 20th-Century Japanese Erotic Art展"には「現代の春画」として大きく紹介された。

--
関連展示

安野モヨコ展 「STRIP!」PORTFOLIO 1996-2016
パルコミュージアム(PARCO MUSEUM)
池袋パルコ本館7階
2016年9月1日(木)〜26日 (月)
会期中無休

20年超の画業から、選りすぐりの原画を展示する初めての大規模個展を移転後の「池袋パルコミュージアム」こけら落とし展覧として開催されます。
http://www.parco-art.com/web/museum/exhibition.php?id=988

当サイトには、入居している各団体が行う催事についての情報も掲載されています。
展覧会やイベントなどに関するお問い合わせは、各団体へお願い致します。

Menu
EN