Menu
EN
HOME
新型コロナウイルス感染症対策について
HOME > スケジュール > リビング・アズ・フォーム(ノマディック・バージョン)

リビング・アズ・フォーム(ノマディック・バージョン)

リビング・アズ・フォーム(ノマディック・バージョン)
日程
2014年11月15日(土)〜2014年11月28日(金)
時間
12:00-19:00
備考
最終日は16:00まで。
料金
無料
会場
B104

アーティスト:テレルヴォ・カルレイネン&オリヴァー・コフタ=カルレイネン、アローラ&カルザディラ、アパルショップ、スザンヌ・レイシー、ママリアン・ダイビング・リフレックス、リック・ロウ、ウィメン・オン・ウェイブ、バスラマ、ヴィック・ムニース、アイ・ウェイウェイ、ヴォッヘンクラウズール

本展覧会は、日本でこれまでほとんど知られることがなかった海外のソーシャリー・エンゲイジド・アート(Socially Engaged Art)を紹介する初の試みです。ニューヨーク市を拠点として過去40年にわたって、社会と関わるアート活動をプロデュースしてきたNPO「クリエイティブ・タイム(Creative Time)」が、2011年秋に、世界のソーシャリー・エンゲイジド・アートをテーマに、Nato Thompson氏のキュレーションによってニューヨーク市で開催した画期的な展覧会「リビング・アズ・フォーム(Living as Form)」の巡回展(縮小版)で、 東京が世界最後の開催地になります。
ソーシャリー・エンゲイジ ド・アートという活動が、いま世界で一つの潮流となっていることを、広く日本の人びとに伝えたいと考え、オリジナル展で紹介されたプロジェクトから代表的な11例を選び、動画やパネル展⽰等により紹介します。

【開催の背景】
ソーシャリー・エンゲイジド・アートは、アートワールドの閉じた領域から脱して、現実の世界に関わり、人びとの日常から既存の社会制度まで、何らかの"変革"をめざすアーティストたちの活動を総称するもので、参加・対話のプロセスを含む、アクティブで多様な表現活動です。このタイプのアートは1990年代初頭から米国を中心として活発化し、現在では世界中に拡大しています。
一方 、日本でも2 0 0 0年以降、主に地方都市や農山漁村地域などで、地域の再生や活性化を 目的とした「アートプロジェクト」が活発に行われています。しかし、その言葉の定義はあいまいで、アーティストの社会的役割やアートワークとしての意味や価値についての深い議論もなされないまま、地域の絆づくりやツーリズム促進のツールとなっている事例が数多く見られます。本展覧会は、そういった現状に対し、いま世界各地で実践されているソーシャリー・エ ンゲイジド・アートを紹介することで、日本のアートプロジェクトをめぐる議論を活発化し、改めてその社会的意味や方法論を考えるきっかけになることを意図して開催いたします。
ソーシャリー・エンゲイジド・アートは、都市計画や福祉、教育、さま ざまなコミュニティ活動や政治運動を美術や演劇といった創造的、象徴的な表現と結びつけ、これまで見えなかったものを可視化したり、気づかなかった価値を明らかにすることによって社会に現実的 な変化をもたらそうとする、ハイブリッドで分野横断的な試みだといえます。本展覧会が、こうした社会的実践としてのソーシャリー・エンゲイジド・アートのチャレンジ・パワーを理解していただく機会となれば幸いです。

詳細URL:http://www.art-society.com/project/laf.html  写真提供:Creative Time, ICI

当サイトには、入居している各団体が行う催事についての情報も掲載されています。
展覧会やイベントなどに関するお問い合わせは、各団体へお願い致します。

Menu
EN