スケジュール:SCHEDULE

HOME > スケジュール > 3331 GALLERY ♯025 MaS(T)A 個展 「旅の行方≒栄螺堂」 - 3331 ART FAIR recommended artists

3331 GALLERY ♯025 MaS(T)A 個展 「旅の行方≒栄螺堂」 - 3331 ART FAIR recommended artists

3331 GALLERY ♯025 MaS(T)A 個展 「旅の行方≒栄螺堂」  - 3331 ART FAIR recommended artists
日程:2014年09月20日(土)~2014年10月26日(日)
備考:オープニングパーティ:9月20日(土) 18:00-20:00
時間:11:00-20:00
休み:会期中無休
料金:無料
会場:1F 3331 Gallery

本年3月に開催された3331 ART FAIRにて選出されたアーティスト/MaS(T)Aによる個展を開催します。

-----------

MaS(T)Aの作品はいきなりネタがばれている。 映像ではビルの階段が映され、会話では公園や立体駐車場と言ってしまっている。あたかも「栄螺堂(さざえどう)」のことを語っているかにみえて実は違いましたというどんでん返しではなく、初っ端から構造が類似した別の建造物について語っていることが明白である。 これはどういうことだろう。
「栄螺堂」の二重螺旋構造が作品の構造にもなっていると言いたいのか。 ユニット名の(T)は(Traveling etc)の略らしいが「etc」にヒントがあるとでもいうのか。二人が語る喫茶店のテーブルには看板メニューと思しき洋菓子が置かれている。
その形もまた螺旋を描いている。MaS(T)Aの作品は謎に満ちている。

深野一朗(実家 JIKKA)

-----------

本展では、MaS(T)Aが、太田市(群馬)、本庄市(埼玉)、そして会津若松市(福島)に現存する3つの栄螺堂を巡りました。
あくまでもアーティストとしての眼差しを通して旅をすることで、そこでの出会ったもの、発見したもの、歴史など、様々な経験を元に作品を制作し展示します。
それらは、旅の記録に留まらない新たな旅の経験として立ち上がってくるでしょう。


002579_02.jpg

002579_03.jpg


>作家紹介
MaS(T)Aは、森田浩彰と五月女哲平による旅をするためのユニットである。我々二人は通常の意味での旅の経験はあれども「アーティストとして旅をすること」については全く未知である。そんな二人が「我々にとってのアーティストの旅」を確かめるべく旅に出る。

当サイトには、入居している各団体が行う催事についての情報も掲載されています。
展覧会やイベントなどに関するお問い合わせは、各団体へお願い致します。