スケジュール:SCHEDULE

HOME > スケジュール > 藤浩志の美術展 セントラルかえるステーション ~なぜこんなにおもちゃが集まるのか?~

藤浩志の美術展 セントラルかえるステーション ~なぜこんなにおもちゃが集まるのか?~

藤浩志の美術展 セントラルかえるステーション ~なぜこんなにおもちゃが集まるのか?~
日程:2012年07月15日(日)~2012年09月09日(日)
時間:12:00-19:00
休み:火曜日、お盆休み:8 月13 日(月)~16 日(木)
料金:大人=700 円、学生(中学生・高校生・専門学校生・大学生)=300 円、子ども(3 才~小学生)=200 円、親子チケット(大人1 人+子ども1 人)=800 円 ※子ども1 人追加ごとに100 円
備考:会期中何度でも入場可能なパスポートは、すべての料金に+100 円
会場:1F メインギャラリー

藤浩志氏は約30 年以上に渡り、流行りの思想や手法に流されることなく、社会・地域・日常を見つめ続け、「循環社会への転換」「地域社会の変革」といった大きな命題に対して取り組んできました。なかでも、おもちゃを交換するシステム「かえっこ」は2000年に発案されて以来、国内外1,000 カ所・5,000 回以上にわたって開催され、それぞれの地域が抱える問題に対応し、市民や住民が主導となるコミュニティ・プロジェクトへと発展しています。
本展は「かえる(変える/還る/換える/買える)」をキーワードに、13 年続く「かえっこ」により集まった約5 万ものおもちゃを素材とし、インスタレーションやワークショップを行います。そのほか、プラスチックや針金など、これまで藤氏が生活や活動のなかで収集した膨大な数の素材や、それらをつなぎ合わせた作品、各地で連鎖・発生してきた地域活動の紹介、入札形式による作品販売(サイレント・オークション)を行うなど充実の内容です。
子どもからお年寄りまで、誰でも知る・見る・考える・体験することができる、夏休みに家族で出掛けたくなる展覧会です。


主催:3331 Arts Chiyoda  
後援:千代田区
協賛:株式会社資生堂
協力:株式会社ナカダイNPO 法人プラス・アーツ株式会社明治大理石MORI YU GALLERY


<藤浩志 (ふじ・ひろし)プロフィール>

001589_02.jpg

1960 年鹿児島生まれ。京都市立芸術大学在学中演劇活動に没頭した後、地域社会を舞台とした表現活動を志向し、京都情報社を設立。
京都市内中心市街地や鴨川などを使った「京都アートネットワーク」の企画以来、全国各地のアートプロジェクトの現場で「対話と地域実験」を重ねる。
同大学院修了後、青年海外協力隊員としてパプアニューギニア国立芸術学校勤務。
都市計画事務所勤務を経て92 年、藤浩志企画制作室を設立。地域資源・適正技術・協力関係を活かした活動の連鎖を促す美術類のデモンストレーションを実践。
2012 年、十和田市現代美術館の副館長に就任。
主な展覧会に、2010 年「瀬戸内国際芸術祭」(香川)、2008 年「サイト・サンタフェ・ビエンナーレ」(サイトサンタフェ、アメリカ)、2006 年「第12 回バングラデッシュビエンナーレ」(オスマニアメモリアルホール、ダッカ、バングラデッシュ)、2005 年個展「違和感を飛び越える術」(福岡市美術館、福岡)など。


<つくるひと・ワークショップしたい人を募集中!>
http://www.3331.jp/news/201205/001588.html


>> 特設サイトはこちら! <<

当サイトには、入居している各団体が行う催事についての情報も掲載されています。
展覧会やイベントなどに関するお問い合わせは、各団体へお願い致します。