Menu
EN
HOME
緊急事態宣言発令に伴うスペースの一部利用制限ならびに感染拡大防止対策の強化について
HOME > スケジュール > 馬嘉豪|MA JIAHAO個展 「Involution society」

馬嘉豪|MA JIAHAO個展 「Involution society」

馬嘉豪|MA JIAHAO個展 「Involution society」
日程
2021.4.29(木)~5.16(日)
時間
12:00-19:00
休み
5/6、11、12、13日休廊
料金
無料
会場
211:ARTDYNE / Nii Fine Arts Tokyo

ARTDYNEでは2021年4月29日(木)から5月16日(日)まで、馬嘉豪個展「Involution society」を開催いたします。

第4回CAF賞入選、第22回岡本太郎現代芸術賞入選、そして多摩美術大学卒業時の福沢一郎賞入賞。
日本国内で個展開催2回、グループ展にも精力的に参加するなど、着実にキャリアを積み重ねている若き気鋭の美術家、馬嘉豪(マ・ジャホウ)は、1996年、中華人民共和国内の西安(古代の首都である長安)に生まれました。彼は日本に留学後、一貫して個々と集合体の間に横たわる問題に取り組み、また先日行われた2人展では、自身を「観光客」の立場に落とし込み、日中の文化の差異に切り込みました。

馬嘉豪は今回、新型コロナ流行の影響で人々に内巻き志向が進む中、「他人より優れていなければ己の存在が危うい」という人間の潜在意識に着目しました。人々の無意識から生まれてくる「優れていたい」思考はすなわち、国家間競争に容易に融合するものであり、無為な競争や諍いをもたらすと同時に、戦争の発端にもなっています。今展は彼の代名詞でもあるプラスチック製の小さな人体模型を使用し、胴体をもがれ密に植え込まれた人型、および圧縮され変形した人型の集合体などによって内巻きに混迷する現代社会の再現を試みるものです。立体やプレート作品を含め約10点を展示いたします。ご多用中とは存じますが、ぜひご高覧いただければ幸いです。

※1.今展の入場方式のご案内
今展覧会では「Involution society(内巻き社会)」を表現するため、会場への立ち入りは一人ずつといたします。
他に観客がお待ちの場合は5分間の制限時間を設けます。会場入り口で時間の予約も可能です。
展覧会コンセプトの実現と混雑回避のため、皆様のご協力をお願い申し上げます。

※2.本展につきましては、新型コロナウィルス感染拡大状況によっては会期等が変更になる可能性がございます。 最新情報は弊社ギャラリーウェブサイト、各SNSにて 随時配信して参りますので、そちらをあわせてご確認頂けましたら幸いです。なにとぞよろしくお願いいたします。

当サイトには、入居している各団体が行う催事についての情報も掲載されています。
展覧会やイベントなどに関するお問い合わせは、各団体へお願い致します。

Menu
EN