Menu
EN
HOME
新型コロナウイルス感染症対策について
HOME > スケジュール > 大塚聡「残光 - Afterglow -」

大塚聡「残光 - Afterglow -」

大塚聡「残光 - Afterglow -」
日程
2014年03月22日(土)~2014年04月20日(日)
時間
12:00-19:00
休み
月曜日、火曜日、祝祭日
料金
無料
会場
205(Maki Fine Arts)

Maki Fine Artsでは、3月22日(土)より、大塚聡 個展「残光 -Afterglow-」を開催致します。
大塚聡は、1970年福島県生まれ。主な個展に「Timeless Puzzle」(2013年 / hiromiyoshii roppongi)、「Seeing Time - 時をみる」(2008年 / hiromiyoshii)、「Outing - 遠出 -」(2003年 / Gallery Murata&friends・ベルリン)等があります。本展では、古い時計を撮影した新作「Still life-clock-」を中心に、アタッシュケースの中に設置された鏡面にLEDが発光・点滅する「Untitled」、透明アクリル製定規と写真を組み合わせた「Puzzle」を加えた、3つの作品シリーズで構成された約10点を展示致します。
是非ご高覧下さい。

「残光 -Afterglow-」

Blue momentという時間がある。
良く晴れた日の日没後、空が夜空へと変わる前、空は深い青を帯びる。
その僅かな時間の大気現象を指してblue momentという。
太陽が姿を消して、残光が大気に染み続ける間の移ろいの中にその青は現れる。
残光が見せる世界。例えば破棄された時計の文字盤には、過去に使われていたであろう時間、空間の微かな残光が疼いているように思える。
移ろう残光をじっと見つめることでみえてくるもの(Blue Moment)を顕在化してみたいと思う。

・Still life - clock - (photo)
古い時計の文字盤がある。
そこには知らない時間と場所の残光がまとわりついている。
僕にはそれらが風景のように見えてならない。
その光景が現れるのを期待して、写真に撮ることにする。

・Untitled (Sculpture)
鏡像に一秒毎に現れる光は、透明な層の反映の中で一つの軌跡を描く。
その光を時間のレイヤーと捉えることは出来ないだろうか。
透明な固体の中の残光を追えば、「今、此処」と「此処ではないどこか」が重なっていく。

・Puzzle (photo and rulers)
写真作品は、透明なアクリル製の定規にマウントされ、短冊状にカットされている。それらは目盛りを合わせるというルール一点で様々に組み合わせることが出来る。
写真に重ねられた定規の目盛りによって、隣り合う写真の断片の無関係さに関係性を持たせ、統合と重複、解体と構築がなされる。
そうして写真はフレーミングされた枠から抜け出し、新たな風景となる。

--大塚 聡

当サイトには、入居している各団体が行う催事についての情報も掲載されています。
展覧会やイベントなどに関するお問い合わせは、各団体へお願い致します。

Menu
EN