3331 Arts Chiyoda:アーツ千代田 3331:3331 ARTS CYD

スケジュール:SCHEDULE

HOME > スケジュール > 秋のスーパースクール・スぺシャル[公開会議]Whole Life Meeting 01 3.11 以後の「生活」を発明する

秋のスーパースクール・スぺシャル[公開会議]Whole Life Meeting 01 3.11 以後の「生活」を発明する

秋のスーパースクール・スぺシャル[公開会議]Whole Life Meeting 01 3.11 以後の「生活」を発明する
日程:2011年09月04日(日)
時間:15:00-18:00
備考:(1部)公開会議 15:00-17:00(2部)交流会 17:00-18:00(予定)
料金:500円
会場:303/304(g3/ gallery)

アーティスト:遠藤奈央子(こどもクリエ塾校長)、鹿島美織(株式会社アネモア代表)、手島渚(セラピスト・RRgaien 代表)、吉岡マコ(産後セルフケアインストラクター・マドレボニータ代表)

スーパースクール・スペシャル[公開会議]は 3.11 以後の「生活」を発明するための「条件」を探っていきます。各分野で活動を続けるゲストスピーカーたちとともに参加者が自ら 「問い」「考え」「行動」するための指針を手に入れる新形式の交流イベントです。

3.11 以後、当たり前だと思っていた生活のぜい弱さと福島第一原発事故によって露呈した限られた少人数によってまわっていくカネと権力を目の当たりにした今、私たちが取るべき方 向性はどこでしょう?
決まったマニュアルなどなく(あったとしてもすでに信じることができない)、一人ひとりが 自ら考え、イマジネーションを働かせながら暮らしていかざるを得なくなりました。そこで、私たちは「暮らし方」のモデルとして、「生活発明」を提案します。

このスーパースクール・スペシャル[公開会議]は 3.11 以後の「生活」を発明するための「条件」を探っていきます。各分野で活動を続けるゲストスピーカーたちとともに参加者が自ら 「問い」「考え」「行動」するための指針を手に入れる新形式の交流イベントです。

「Whole Life Meeting」は、編集者・クリエイティブディレクターの後藤繁雄氏が主宰する スーパースクール「戦略的編集術」(http://www.superschool.jp)の第 20 期参加メンバーたちが運営する「Whole Life プロジェクト」のキックオフイベントです。

第1回目は、遠藤奈央子氏(こどもクリエ塾校長)、鹿島美織氏(株式会社アネモア代表)、 吉岡マコ氏(産後セルフケアインストラクター・マドレボニータ代表)、手島渚氏(セラピ スト・RRgaien 代表)の 4 名をゲストスピーカーにお招きし、「3.11 以後の生活、暮らし」 についてお伺いします。
今後、「Whole Life プロジェクト」では、 [公開会議]、[フリーペーパー]、[web]、[ス クール]などを通して、3.11 以後の「生活発明」をテーマに活動を続けていきます。

<ゲストスピーカー略歴>

遠藤奈央子(こどもクリエ塾校長)
(株)リクルートにて、人材採用と教育、組織変革を提案する法人営業を担当する。
2003 年には大手金融機関に対してダイバシティー推進を提案し、時代に先駆けて業界全体の人材モ デル改革へ繋がる事例となる。その後、大学と専門学校に対する組織改革コンサルティングを担当。 2007 年より外資系戦略 コンサルタントを 3 年間経験し、省庁や大手グローバル企業の組織変革に 従事。学童指導員や理科実験教室教員経験を経て、2011 年 4 月こどもクリエ塾を設立。
http://www.visiongate.co.jp/clie/

鹿島美織(株式会社アネモア代表)
1976 年生まれ。(株)リクルートを経て 2009 年独立。(株)アネモアを設立。現場でのニーズ調 査やユーザーの購買行動などのリサーチを強みとして、商品提案、プロモーションまで一気通貫し て行う。独立後の主な仕事は、ウエディング関係の商品企画、撮影コーディネートやユニバーサ ル・スタジオ・ジャパン(R)のリブランディング、トリンプ・インターナショナル・ジャパンのリ サーチ・プロモーション等。また、医療分野で電子カルテをはじめとした医療情報の分析研究や救 命救急の現場での取材、子どもの虐待防止レポート等も制作。2011 年3月以降は、宮城県を中心 に東日本大震災の被災地の支援に奔走。被災地では、現地の情報支援や部活道具の送付をはじめと して、さまざまなボランティアを実施。現在は、~いきがい仕事と生活の足をつくろう!~をコン セプトとした「ぐるぐる応援団」を立ち上げ、社会的事業で課題解決をはかる。その他の取組みと しては、子ども達をケアする「わたのハウス/みんなの家」や仮設住宅でのコミュニティ形成等を サポートする「レインボープロジェクト」など。
http://ameblo.jp/miorikashima/

手島渚(セラピスト・RRgaien 代表)
2002 年にセラピストとしてキャリアをスタート。2010 年青山に「whole treat」をコンセプトにか かげるボディトリートメント&セラピーサロンをオープン。海外セレブや舞台俳優、アーティストら の高い要求に応えて好評を博す。人間の手のぬくもりを自然の一部と捉え、都市に生活する人々の身 体と心の根源的なケアをコンセプトに家庭内で簡単に楽しく実施できる「ハグモミプロジェクト」 http://hugmomi.net を主宰。子育て関連 NPO の企画や小学校イベントでの講師をつとめる。9 月 末に原宿 vacant にて、ecocolo と「ハグモミ」のコラボイベントを実施予定。「アースデー東京」
「ap bank fes」「いいお産の日 in 青山」「音泉温楽」「DirectMIUsical」ほか、イベントやフェスなど に多数参加。「日本ロマンチスト協会女子部」「発酵女子部」「LOVE & COMMUNICATION」立ち上 げメンバー。
http://www.rr-gaien.net/

吉岡マコ(産後セルフケアインストラクター・マドレボニータ代表)
東京大学文学部美学芸術学卒業後、同大学院生命環境科学科で運動生理学を学びつつ、大学院の外で はヨガ、東洋医学、ダンスセラピー、骨格調整、オーラソーマ、レイキなど、数々のヒーリングアーツ を学ぶ。98 年3月に出産したときに(自宅出産)、産後の身体の現実を思い知り「産後はダイエット じゃなく、リハビリ・セルフケアが必要! 子育てはリハビリ後から!」と思い立ち、以来、研究・実 践を重ねる。98年9月に日本初の産後のボディケア&フィットネス教室をスタート。現在は、吉祥寺 でレッスンを行うほか、産後のリハビリ&セルフケア指導者を養成中。また、代表を務めるNPO法人 マドレボニータでは、「産褥記」「産後白書」など産後に関した著書を出版。さらに「NEC ワーキング・ マザーサロン」を立ち上げる。NECCSR社会貢献室との協働で、産休・育休中の女性のための復帰支 援プログラムを定期開催している。
http://www.madrebonita.com/


<お申込み>
○参加費:500 円(ドリンク代含みます。おすすめなおやつなど持ち込み歓迎!)
○参加申し込み方法:以下の URL の申込フォームから申し込み下さい。
申し込み:https://ss1.coressl.jp/kokucheese.com/event/entry/16188/
イベント概要:http://kokucheese.com/event/index/16188/
○問合せ先:g3/ トリプルジー(後藤繁雄事務所内)
〒101-0021 千代田区外神田 6-12-14 303
TEL: 03-3835-1813

当サイトには、入居している各団体が行う催事についての情報も掲載されています。
展覧会やイベントなどに関するお問い合わせは、各団体へお願い致します。