3331 Arts Chiyoda:アーツ千代田 3331:3331 ARTS CYD

スケジュール:SCHEDULE

HOME > スケジュール > 無限未来 楽書®展 150人のはな

無限未来 楽書®展 150人のはな

無限未来 楽書®展 150人のはな
日程:2020年01月09日(木)~2020年01月12日(日)
時間:10:00-18:30
備考:初日13:00開場 最終日16:00閉場
料金:入場無料
備考:ワークショップ参加費:500円
会場:B104

アーティスト:無限未来 茨城本部:みずき野教室・開智望小学校教室・ヨーロピアンスクールつくば教室 東京支部:梨世塾 長野支部:書彩

《 無限未来150人のはな 楽書®展 2020 》 B104
2020/1/9(木) ー 2020/1/12(日) 10:00 ー 18:30

無限未来は、個々の人間性、思いを大切に表現する、書道団体です。楽書®を通して、基本の技術や品格を学ぶための臨書、心を整える為の呼吸法、イメージするためのエア書道、対話型美術鑑賞等を制作過程に取入れ作品を作っています。今回は『花さき山』という絵本をテーマに、自分の咲かせたい花、咲かせた花を心に描き、楽書®で表現致しました。会場にはひとつして同じものはなく、150の思いの花が咲いています。その花は一人一人の希望、夢、願い、誇りでもあります。作品は囁き、語りかけ、叫んでいます。メッセージを肌で体験しに是非お越しください。

※ 会期中、対話による鑑賞を随時行っております。お気軽にご参加ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


《 書と器と像展 》 2F 206 nap gallery
2020/1/9(木) ー 2020/1/12(日) 10:00 ー 18:30
※ 初日13:00開場 最終日16:00閉場

書のテーマは『地母神』。母なる神は豊壌をもたらし、常に自然と大地と関連づけられることが多いと聞く。日本神話のイザナギとイザナミはそれぞれ、天父と地母であり、縄文時代の土偶は地母神を象って作られたと考えられている。生命の神秘、それを産み出す母の力、女性的なエネルギーは現象宇宙のあらゆる存在や動きの背後にあり、これは不変の、無限の、内在的であり超越的な、「世界精神」である。男性的な能力は女性的なダイナミズムによって実現され、そのダイナミズムは様々な女神によって体現され、その女神は元を正せば一人の母神である。今回、同じ女性として、また、母でもある梨世と蒼月は地母神の『母』をテーマに創作。雲炎は1人の『女性』に注目し、中国は唐時代の詩人、魚玄機をテーマに公開制作をする。合わせて器や木像を展示致します。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


《 無限未来 楽書®展 大筆パフォーマンスと体験会 》 1F コミュニティスペース
2020/1/12日(日) 11:00 ー 16:00 (最終受付15:00)

ワークショップ参加費 500円
※ お一人様1回のみ 作品はお持ち帰り出来ます。

☆書家、雲炎・梨世・蒼月によるパフォーマンス 13:00 〜

筆は大人が持っても胸の高さ位ある長い柄の大きな筆です。墨をつけるとかなりの重さになり、へっぴり腰になってしまうほどです。普段では使う事のない筆を持ち、筆の重さ・筆の動き・筆から溢れかえる墨の匂いを、体の感覚を総動員して味わって頂きたいと思います。楽書®アーティストと一緒に、新しい年の書き初めにふさわしい体験をしてみましょう。出来た作品はお持ち帰り出来ます。無限未来では、作品をその人の心の表現、言葉として捉えています。作品はお家に飾って1年間、素敵な想いと共に一緒に過ごして下さい。

当サイトには、入居している各団体が行う催事についての情報も掲載されています。
展覧会やイベントなどに関するお問い合わせは、各団体へお願い致します。