スケジュール:SCHEDULE

HOME > スケジュール > アーツ千代田 3331 特別企画展 「ときを渡る〜"山王さん"を支えた町の150年〜」

アーツ千代田 3331 特別企画展 「ときを渡る〜"山王さん"を支えた町の150年〜」

アーツ千代田 3331 特別企画展 「ときを渡る〜
日程:2018年05月19日(土)〜2018年06月10日(日)
時間:11:00-18:00
休み:会期中無休
料金:無料
会場:104、1F ウッドデッキ

この度、アーツ千代田 3331では、地域の歴史、文化、魅力を発信する企画展「アーツ千代田 3331 特別企画展『ときを渡る〜"山王さん"を支えた町の 150 年〜』」を開催致します。

江戸時代初期から大都市江戸の中心部を形成してきた千代田・中央地域は、当時も今も山王祭と神田祭で盛り上がりをみせています。なかでも日枝神社(山王権現)は江戸時代、徳川将軍家の産土神として、麹町・日本橋・京橋・銀座周辺(現在は番町も含む)を氏子町に持ち、隔年6月に山王祭を行ない、豪華な山車や附祭を出しました。両祭礼は「天下祭」と呼ばれ、町人の洗練された文化を武家や他の町々に表現する重要な場面であり、これをさまざまなかたちで支えたのが氏子町でした。本展示ではその伝統が明治維新後も首都東京に脈々と受け継がれていることに注目し、氏子町の歩んだ150年間の歴史や文化、街並みの変遷をたどってみたいと思います。

会期中は、トークやワークショップなど関連イベントも多数行いますので、あわせてぜひご参加ください。

展覧会特設サイト:http://sanno.3331.jp

【展示内容】 "明治150年"をキーワードに時代の変革期に起きた町や文化の移り変わりを読み解きます

● 明治初期の商店や通りを行き交う人々の姿も映り込む商店カタログ「東京商工博覧絵」、「東京商店案内」(共に一部抜粋・複製)

004281_02.jpg

さまざまな商店がページごとに描かれ紹介される本誌は、いわば明治の「商店カタログ」。現在の「ショップ検索サイト」ともいえ、店や商品の情報をチェックするために用いられました。薬、文具、化粧品、油、舶来の輸入品など、新しい暮らしを彩る商品を取り扱う商店が、商人たちの生業の様子や通りを行き交う人々の姿とともに描かれています。当時の複製技術として広まった銅版画が用いられ、明治期の風景や時代感を表す人々の服装などからは、新しい時代と文化が感じられる貴重な資料です。

004281_03.jpg

本展では、その中でも現存する商店として、麹町三丁目に位置する「垣見油化」の変遷について展示します。

画像上:「東京商工博覧絵」より(国立国会図書館デジタル化資料)
画像下:「東京商店案内」より(千代田区教育委員会蔵)
------------------------------------------------------------------------------------

●山王祭氏子各町の色とりどりの手ぬぐいと弓張提灯、日枝神社御防講の長提灯
※但し、山王祭期間中は一部の提灯は町会に返却される場合もございます。予めご了承ください。

004281_04.jpg

祭衣装にかかせない手ぬぐいは、毎年町会ごとに色や文様もさまざまなデザインのものが作られています。お祭りでは、「くわがた」「喧嘩かぶり」「元気結び」など担ぎ手たちの個性が光る粋な結び方も必見です。山王祭氏子各町の手ぬぐいを一堂に展示した会場で、お祭りのにぎやかな雰囲気をぜひお楽しみください。同時に、各町の弓張提灯や日枝神社をお守りする日枝神社御防講(神社が火事やその他災厄にあった時に、まっさきに駆けつけて消火と神霊を奉護する講社)の見事な長提灯も展示します。

------------------------------------------------------------------------------------

● 伝統存続のために、昭和初期に造られた御仮屋を再現

004281_05.jpg

「御仮屋」(おかりや)とは、お祭りの期間にのみ造られ、神輿渡御の際に一時的に休まれる「仮の宮」のこと。昭和期には、何年も使えるよう丈夫な木製の御仮屋を作り、昔ながらの風情と技術を守ってきた地域がありました。本展では、近年ではなかなか見ることができない木造の御仮屋を約10年ぶりに再建します。通常は御仮屋の中に入ることはなかなかできませんが、今回の再建展示では実際に御仮屋の中に入り、細部までご覧頂けます。御仮屋が組み上がる様子を撮影したビデオの上映も致しますので、職人の伝統技術を隅々までご覧ください。

------------------------------------------------------------------------------------

●鳶頭(かしら)の存在を今に伝える江戸町火消絵師・岡田 親氏による「江戸町火消六十四組勢揃」(一部)

004281_06.jpg

江戸時代の鳶頭たちの装束や纏(まとい)を忠実に描き、めでたい梯子乗りの様子が描かれた作品。本展では、全5枚組のうち山王祭氏子町を担当する5組(ろ組、せ組、万組、百組、や組)が描かれている2枚の作品を展示します。

------------------------------------------------------------------------------------

● 江戸〜明治にかけて大きく変化した「鳶頭」(かしら)

004281_07.jpg

(左)江戸時代の「一番組・い組」の半纏 (右)明治になり「第一消防署 二番組」に改編され半纏のデザインも新たに

江戸から明治における大改革に伴い社会や制度が大きく変化し、消防技術も近代化され、火消しや鳶頭(かしら)が担っていた役割は、消防・警察といった行政組織に移り変わりました。しかし、鳶頭の存在は脈々と受け継がれ、現代においても祭礼行事や伝統を守り続けています。会場では、明治期の行政や地域の区割り改編にともない大きく変化した組ごとに特徴のある「半纏」(はんてん)と現在も鳶頭によって代々受け継がれる「纏」(まとい)のデザインの変遷をご紹介します。時代とともに姿を消す文化や風習がある一方で、時の流れに影響を受けながらも伝統を支え、つなぐ人々がいることに改めて気づかされる内容です。

------------------------------------------------------------------------------------

●江戸と現代を重ね"ときを渡る" - 木下栄三氏による「江戸城新三十六御門重ね絵図」

004281_08.jpg

江戸時代の古地図をもとに、江戸城を囲む三十六御門全てを描いた大作を展示します。城門だけでなく大名屋敷や当時の町名まで細かく描かれた本作は、眺めるだけでときを渡り江戸の町を歩いているかのような気分に。さらに、現在の皇居周辺の地図や祭の神幸路も重ねることで、江戸〜明治〜現在にかけた日本の中心部の変遷を一目でたどることができ、東京の歴史を学ぶ上で貴重な史料としてもお楽しみ頂ける作品です。
※本作品は参考画像で、展示作品とは異なります。

ほか

【関連イベント一覧】 詳しくは各イベントページをご覧ください

5月20日(日)<トーク> 時代の変革と共に歩む「鳶頭」
https://sanno-event1.peatix.com
5月26日(土)<ワークショップ> 伝統芸能を体験!お囃子ワークショップ
https://sanno-event2.peatix.com
5月27日(日)<ワークショップ>手ぬぐいでつくるおしゃれ子供服 
https://sanno-event3.peatix.com
6月1日(金)<講座> 麹町大通りの賑わい150年をわたる
https://sanno-event4.peatix.com
6月2日(土)<ワークショップ> 老舗の職人に学ぶ季節の和菓子作り
https://sanno-event5.peatix.com
6月3日(日)<トーク> 土地に宿る記憶と文化人たちが残した交流の足跡
https://sanno-event6.peatix.com
6月3日(日)<町歩き> 町に息づく歴史と文化の散策〜番町・麹町界隈編〜
https://sanno-event7.peatix.com

【概要】
名 称:アーツ千代田 3331 特別企画展「ときを渡る〜"山王さん"を支えた町の150年〜」
会 期:平成30年5月19日(土)〜6月10日(日)
時 間:11:00-18:00
入場料:無料
休場日:会期中無休
会 場:アーツ千代田 3331 1階104、ウッドデッキ
主 催:アーツ千代田 3331
後 援:千代田区、一般社団法人千代田区観光協会、社会福祉法人千代田区社会福祉協議会、麹町出張所地区連合町会
特別協力:日枝神社
協 力:糀町惣町睦会、日枝山王祭下町連合
監 修:滝口正哉(成城大学・立正大学 非常勤講師)、加藤紫識(和洋女子大学 特任教授)

当サイトには、入居している各団体が行う催事についての情報も掲載されています。
展覧会やイベントなどに関するお問い合わせは、各団体へお願い致します。