お知らせ:NEWS

HOME > お知らせ > 2017年 3331 Arts Chiyodaより新年のご挨拶

2017年 3331 Arts Chiyodaより新年のご挨拶

January 1, 2017 / お知らせ

あけましておめでとうございます。


諫鼓を打ち鳴らし行進する3331 

諫鼓(山車上にある鶏が留まっている鼓)とは、その昔、朝廷に民が諫言するときに打って知らせた鼓のことです。苔がむすほどに諫鼓が打ち鳴らされることがなくなると、鼓の上には鶏が留まり鳴いていたそうです。それが山車上の「諫鼓鶏」の由来で、平穏で豊かな世の中の象徴とされています。
しかし現在、世界の社会状況は戦前に戻るかのような、過激で不安な時代に突入しています。とても諫鼓鶏が鳴くような世相ではありません。だからこそ、私たちアーツ千代田3331は、自分たちで自分たちの未来を創造するためにも、諫鼓鶏を広い野に放ちこの諫鼓を打ち鳴らします。言いかえると、3331発の多くの展覧会やイベントが時代を変えるメッセージとなり、誰しも打たなかった諫鼓を打ち鳴らし続けているのです 。2017年、アーツ千代田 3331は、全スタッフそれぞれの音色で諫鼓を響かせ行進します。
本年も3331の行進に参加し、私たちを応援くださいますようお願い申し上げます。

アーツ千代田 3331 統括ディレクター 中村政人


**********************************************************************************************************


Happy New Year!

Seen atop festival floats, the kanko drum was stricken as a forewarning, sounded in the Imperial Court by citizens long ago. It is said that the drum went unused until moss grew and a rooster came to nest and crow on it. This is the origin of the kanko-dori (the rooster atop the drum), considered a symbol of peace and wealth.
However, the reality of today's global society is plunging into a radical and uneasy era, as if returning to war. These are certainly not social conditions in which the rooster would crow. For this reason, we at 3331 Arts Chiyoda will set the kanko-dori free in a wide field, so that we may create our own future. Said another way, the many exhibitions and events from 3331 will be a call for change, continuing to sound the kanko drum that had gone unused.
This 2017, 3331 Arts Chiyoda will march forth with the unique voice of each and every staff member, striking the kanko drum. We hope that this year, you will support us by joining our parade.

3331 Arts Chiyoda, Supervising DirectorMasato Nakamura

2017_3331年賀状_omt.JPG

Category Archives

Recent Post

Monthly Archives

  • 展覧会・イベントスケジュール
  • 本日のスケジュール