お知らせ:NEWS

HOME > お知らせ > July 2015

『夏の3331子ども芸術学校&かえっこバザール』名称表記のお詫びと訂正

July 29, 2015 / 

<名称表記のお詫びと訂正>

「こども芸術大学」は学校法人瓜生山学園の商標登録の名称であったため、
8月1日〜8月9にかけて開催する本企画の名称表記を
「夏の3331子ども芸術学校&かえっこバザール」に変更致します。

企画内容については一切変更ございません。関係者ならびに皆様には混乱を招く事態を起こしてしまい、心よりお詫び申し上げます。

http://www.3331.jp/schedule/003010.html

3331 Arts Chiyoda

(終了)3331 Arts Chiyodaアーティスト・イン・レジデンス事業スタッフ募集

July 15, 2015 / お知らせ,募集

3331 Arts Chiyodaでは、アーティスト・イン・レジデンス事業の拡張につき新たな専任スタッフを募集します。

【募集枠】

【1】アーティスト・イン・レジデンス事業専任スタッフ_アーティスト・イン・レジデンス事業におけるアーティストサポート、コーディネート。アーティスト・イン・レジデンス事業企画制作業務。
3331 Open Residence HP→http://residence.3331.jp/en/

【待遇】
勤務日:週3日
勤務時間:10:00〜19:00(休憩1時間)
謝 金:100,000円〜 交通費別途支給
発注期間:2015年8月〜2016年3月

【応募資格】
・ 3331 Arts Chiyodaの活動・ビジョンに共感する方。
・ 活動経緯、運営団体について理解を深めていること。
・ 英語力(会話、ビジネスメール等)のある方。英語以外にスペイン語ができる方歓迎。
・ アートプロジェクト等、アートマネージメント業務経験のある方優遇(履歴書に経験したプロジェクトを記入のこと)
・ コミュニケーション能力があり、チームワークができる方。
・ アートの実践の場でポジションの業務内容以外にも柔軟に対応できる方。
・ 健康で体力に自信があり、何事にも自ら取り組もうという積極性のある方。
・ PCスキル(Word / Excel / Illustlator / Photoshop / InDesign / FileMakerなど)

【採用スケジュール】
1.応募申込み(メールのみ)
2.1次審査(書類選考)
3.2次審査(面接)
4.3次審査(インターン期間/14日間)
5.試用期間スタート(3ヶ月)
6.正式採用
※応募締切をもうけていますが審査は随時とし、採用者が決定した段階で応募締切前でも、募集を終了します。
※ 選考結果は、メールにてお送ります。履歴書には、必ずメールアドレスをご記入ください。
※勤務スタートから3ヶ月間は試用期間とします。

【応募締切】
前述のように随時、審査、採用は進めていきます。
第1次締切:7月27日(月)
第2次締切:8月10日(月)といたします。
※但し、採用が決定次第、募集を終了します。

【応募方法】
・履歴書・職務経歴書を、下記応募先のメールアドレスまでお送りください。
・経歴書には、経験した担当業務をご記入ください。
・必ず連絡の取れる電話(携帯電話)番号、メールアドレスをご記入ください。
選考結果等の連絡をメールにてお送りしますので、必ず履歴書に連絡のつくメールアドレスをご記入ください。
・メールアドレスが携帯メールアドレスの場合に、PCメールからの受信拒否設定をしていると、メールが届かない場合がございます。その場合に連絡がつかない時には、応募無効とさせていただく場合がございます。

【応募先】
下記メールアドレスへ履歴書・職務経歴書をお送りください。
recruit(at)3331.jp
※(at)を@におきかえてください。

【お問い合わせ】
問合せについては、下記メールアドレスへお問い合わせください。
recruit(at)3331.jp
※(at)を@におきかえてください。
※お電話でのお問い合わせは受け付けておりません。

中村政人 個展『明るい絶望』開催のお知らせ

July 2, 2015 / プレスリリース

この秋、10月10日(土)より、アーツ千代田 3331統括ディレクター
中村政人の10年ぶりとなる個展を開催致します。

1989年ー94年に中村政人が全てフィルムで撮影した約 700 枚の写真作品の他、
新作インスタレーション作品を 2 シリーズを発表します。
約4万枚の中から厳選された写真群は、会田誠、池宮中夫、岩井成昭、
小沢剛、中ザワヒデキ、八谷和彦、池内務、 小山登美夫、西原珉といった
同時代のアーティスト・ギャラリスト・編集者らが鮮烈なエネルギーで新しいシーンを切り開いた
90年代前半を知る手がかりとしても貴重な展覧会といえます。

尚、7月29日(水)には中村政人個展&TRANS ARTS TOKYO2015の合同記者会見、
ならびにプレイベント「シンポジウム:東京アートシーン:90'sから2020年へ」を開催いたします。

─────────────────────────────────
1. 中村政人 個展のご案内
─────────────────────────────────
http://m.3331.jp

■タイトル:
中村政人 個展「明るい絶望」
中村と村上展/ザ・ギンブラート/新宿少年アート/秋葉原TV /カンダダ/アーツ千代田3331 /トランスアーツトーキョー

Masato Nakamura"Luminous Despair"
Nakamura and Murakami Exhibition / The Ginburart / Shinjuku Shonen Art / Akihabara TV / KANDADA / 3331 Arts Chiyoda / TRANS ARTS TOKYO


□会 期:2015年10月10日(土)〜11月23日(月・祝)
□開場時間12:00-20:00 ※ 各日最終入場は19:30
□休場日:無し  
□会 場:3331 Arts Chiyoda 1F メインギャラリー
□入場料:一般800円   
□主 催:3331 Arts Chiyoda 
□協 力:(社)非営利芸術活動団体 コマンドN  
□特設サイト:m.3331.jp

[プレスリリースのダウンロードはこちら]
130702PR_m.pdf

─────────────────────────────────
2. 中村政人 個展&TRANS ARTS TOKYO 2015 合同記者会見およびプレイベントのご案内
─────────────────────────────────
7月29日(水)
17:00-18:00 中村政人 個展&TRANS ARTS TOKYO2015 合同記者会見
18:30-20:00 シンポジウム「東京アートシーン:90'sから2020年へ」
□ 会場:アーツ千代田 3331 1Fラウンジ

■ シンポジウム「東京アートシーン:90'sから2020年へ」
90年代のアートシーンと現在のシーンを重ね合わせて検証しながら、
2020年オリンピックを視野に入れたシンポジウム。
文化にとって「アート×産業×コミュニティ」というキーワードがますます重要になりつつある現在、
それぞれのシーンで社会に大きく影響を及ぼしている方々をお招きしてクロストークを行います。

[パネリスト]
斎藤精一 (Rhizomatiks クリエイティブ&テクニカル ディレクター)
中ザワヒデキ(美術家)
日比野克彦(アーティスト)
山縣良和(writtenafterwards デザイナー)
中村政人(アーティスト)  

□ お申込方法:
プレスリリース最終頁の返信用FAXにご記入の上、
7月22日(水)までにFAXにてご返信ください。
※必ず媒体名をご記入ください。

一般の方で公聴をご希望の場合はPEATIXよりお申込下さい。

[ このプレスリリースに関するお問い合わせ先 ]
3331 Arts Chiyoda | アーツ千代田 3331
〒101-0021 東京都千代田区外神田6 丁目11-14
TEL: 03-6803-2441
FAX: 03-6803-2442
E-MAIL: pr@3331.jp(担当: 上坂、岡田)

Category Archives

Recent Post

Monthly Archives

  • 展覧会・イベントスケジュール
  • 本日のスケジュール