お知らせ:NEWS

HOME > お知らせ > サバイバル・プロジェクト̶ 現代美術の機関はいかにしてインディペンデントでいられるのか?

サバイバル・プロジェクト̶ 現代美術の機関はいかにしてインディペンデントでいられるのか?

March 20, 2010 / お知らせ

survivalplan.jpg
チラシPDFはこちら

サバイバル・プロジェクト
̶現代美術の機関はいかにしてインディペンデントでいられるのか?
企画者:ジェン・メイヤー (鄭美雅)
● 時間:3月20日(土)午後5:30~7:00
● 場所: 3331 Arts Chiyoda 地下/B104
このフォーラムは台北コンテンポラリーアートセンターの発起人たちと日本で活動するキュレイターやディレクターが、芸術機関の「独立性」は、いかにして実践されうるかを議論するためのものである。「インディペンデント」であること。それは単なる
論述だけではない。ひとつの実体を伴った行動であり、絶え間なき介入であり、芸術のメカニズムと文化政策の動きや方向性を変えていくことである。私たちは、実行可能でクリエイティブなお金の稼ぎ方について考える必要がある。常識を打ち破る組織の運営方法で、外部との交流のメカニズムを絶え間なく更新し、既存の硬化してしまった芸術機関と、がちがちにコントロールされている文化政策に挑戦するのである。

スピーカー:
中村政人 (3331 Arts Chiyoda、ディレクター)
片岡真実( 森美術館、チーフキュレイター)
住友文彦( AIT キュレイター、 インディペンデントキュレイター)
マンレイ・シュー( 徐文瑞 )(台北コンテンポラリーアートセンター、 インディペンデントキュレイター) 
ヤン・ジュン( 楊俊 )(台北コンテンポラリーアートセンター、 アーティスト)
ジェン・メイヤー (鄭美雅)( 台北コンテンポラリーアートセンター、 インディペンデントキュレイター)


http://www.3331.jp/schedule/000113.html

Category Archives

Recent Post

Monthly Archives

  • 展覧会・イベントスケジュール
  • 本日のスケジュール